FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週は豊田&名古屋イキマス、よ!

はい!
今週末は豊田&名古屋にいきまふ!
久しぶりの地元♪
よろしくです!


~~~~~~~~~~~~~~~

2018年 2月23日(金)
@ 豊田・橋之下舎

『O-zashiki
Cosmication』
19:00開舎 19:30開演
《出演》
☆寝木裕和
☆eCotiOnal a.k.a yuki405 (うたげやpro.スナフキンず.ex-せいかつサーカス)
☆CazU-23(TURTLE ISLAND、SU-89)

DJ:deadram

FOOD:韓国料理 北京











~~~~~~~~~~~~~~~


2018年 2月24日(土)
@ 名古屋・鑪ら場

※オイラの出番はオープンしてすぐ始める感じです、ヨロシク!

《出演》
寝木裕和
青木マサノリ
パーポーズ
スギタヒロキ
河野正弘

Live start 18:00
1500円(D代別)




~~~~~~~~~~~~~~~







※『Live In Stockholm 1971』タージマハル旅行団

先週の月曜まで、芦屋市の美術館で小杉武久さんの「音楽のピクニック」という企画展示があったので行ってきた。


最終日ギリキリになってしまったのだけれど、行ってよかったわ~ 素晴らしかったです。

昔のポスターや雑誌等の記事なんかも展示してあったのだけれど、タージマハル旅行団が参加した内田裕也氏主宰のイベントのポスターとか、興味深いもの盛りだくさんだった。

んで、帰宅してからタージマハル旅行団の音源を棚から出して久々に聴いてみた。

`72年のライブや、`74年のも良いし、それらは現在CD化もされているので手にも入れやすいのだけれど、僕にとってはこの`71年のライブ音源。
活動初期のストックホルムでの演奏。

この頃の良さって、この集団演奏がどこに向かっていくのか、全く読めないところにあると思う。この後の、前述のライブ音源だと、わりとストーリー性や道筋…みたいなものが見えるというか。

危うさを多分に含んだ神秘性という意味では、この初期の音源の方に個人的には軍配が上がる。

Disk2の中盤あたりから突然耽美的な旋律が顔を出すのもハッとさせられる。


…つーことで先週もいろんな場所にて、いろんな音に入りこんだ1週間でしたわん。




~~~~~~~~~~~~~~~



『ホンモノのオーガニックPV』
music & lyric by 寝木裕和






~~~~~~~~~~~~~~~





《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》



● 02月23日(金) @ 豊田・橋ノ下舎
● 02月24日(土) @ 名古屋・鑪ら場
● 03月03日(土) @ 緑橋・戦国大統領
● 03月10日(土) @ 西成・EARTH
● 03月16日(金) @ 京都・ソクラテス
● 03月17日(土) @ 堀江・futuro
● 03月20日(火) @ 緑橋・戦国大統領
● 03月21日(水・祝) @ 西荻窪・ぷあん
● 03月26日(月) @ 心斎橋・foot rock beers
● 03月31日(土) @ 三ノ宮・bar UGO
● 04月07日(土) @ 茨木・bar アナーキー
● 04月15日(日) @ 西成・集い処はな
● 04月17日(火) @ 南堀江・corner stone
● 04月21日(土) @ 天六・音太小屋
● 04月22日(日) @ 梅田・Ganz ToiToiToi
● 04月24日(火) @ 緑橋・戦国大統領
● 04月28日(土) @ 東京国立 地球屋
● 04月29日(日) @ 東京 谷保・かけこみ亭
● 05月07日(月) @ 心斎橋 歌う肴



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。