本日❗今週は2本ありまつ!

本日なんです!
京都の方、ぜひ!☆


~~~~~~~~~~~~~~~
2017年 10月23日(月)
@ 京都・西院 ウーララ

《出演》
● 山下聡美
● 寝木裕和
● SHOTA
● UpperSixx

Open 18:30 / Start 19:00
Adv. 1400円 / Door 1800円



~~~~~~~~~~~~~~~

それから!!
今週はもう1つ❗

~~~~~~~~~~~~~~~~



2017年 10月27日(金)

『これがオイラのアティチュード』
@ 緑橋 戦国大統領🔉🔉🔉

《出演》
サイバーパンク演歌歌手Σ
寝木裕和
ビールビンズ
RED DOGS
ノラ一味

《FOOD》
悪魔の果実

OPEN19:00 START19:30
1500円+1ドリンク500円






~~~~~~~~~~~~~~




『ホンモノのオーガニックPV』






~~~~~~~~~~~~~~~





※『 Rei Momo 』David Byrne (1989年作)

こないだ京都の映画館にトーキング・ヘッズの『ストップメイキングセンス』を、たぶん20年近く振りに観に行って、デイビッド・バーン熱が再燃している。

そして、デイビッド・バーンと言えば、彼のソロと言えば、この後の作品『Oh, uh』だったり、近年の作品だったりの方が話題になるんだろうけど、ボクはこのレコード…好きなんだよね~

考えてみれば、パンク一辺倒だったボクの耳をWORLD MUSIC にも近づかせたのは、デイビッド・バーンの影響もかなりあると思う。

で、このアルバム、リリースされた当時は「凄腕ラテン系ミュージシャンをバックと、唄のヘタなメインボーカルが別物」と酷評されたらしい(笑)

ボクもトーキング・ヘッズの流れからこのアルバムを聴いた当時はサッパリ良さが分からなかった…。

けど、このレコードを聴いた初めの時から、この中の「Don't want to be part of world」という曲がとてもとても心に入ってきたのを覚えている。
サンバの曲で、なんともいえない哀愁を帯びた曲で。

後になって歌詞を調べたらなかなかにパンクなテーマというか、プロテストソングと言ってもいいような内容で。


 貪欲や飢餓から解放されること
 戦争や憎悪から解放されること
 そのことのほとんどは、実は同じこと
 ボクたちはここで生きていて
 そして、それらの問題も、この場所にある

 ヤツらの世界の一部になりたくはない
 ヤツらの世界の一部になりたくはない
 ヤツらの世界の一部には、
 なりたくはないんだ… 」


…曲調からは想像できないパンキッシュな内容で驚いた記憶がある。

…選挙が終わったばかりの日本で、この曲の歌詞を見ながら、このレコードに聴き入っている。

それから、このアルバム、アートリンゼイや先日来日してライブしたばかりのシロ・バチスタ等々も参加していて聞き所は満載だと思う。






~~~~~~~~~~~~~




《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》



● 10月23日(月) @ 京都・西院 ウーララ
● 10月27日(金) @ 緑橋・戦国大統領
● 11月05日(日) @ 三ノ宮・live bar UGO
● 11月09日(木) @ 三ノ宮 Brothers & Sisters
● 11月12日(日) @ 谷町九丁目・Bar Legato
● 11月16日() @ 西院・ウーララ
● 11月25日(土) @ 梅田 Bar joke
w.川崎知(ts)
● 12月09日(土) @ チェンノガット『ごはん祭』
● 2018年 02月13日(月) @ 西成・難波屋

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

検索フォーム
リンク