FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエターノ…☆

えっとー、今週はこんな企画がありますよー!!

地球屋にて、『南風 〜ぱいかじ〜 』!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2016年 09月28日(水)
国立・地球屋

《出演》
ねぎ裕和
生活の柄
中川樹海
突風

Open 19:00 / Start 20:00
Live charge ¥1000円


paikazi27.jpg




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それから、来週日曜はこんなのも。。
↓ ↓ ↓


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2016年 10月02日(日)
A.A.company

『タマリバーサイド Vol17』
《出演》
ねぎ裕和
ぺ・ヤング
カズヒロ
Type-k
ニューグリフィンズ (前里慎太郎×降旗茉莉香)

18:00 OPEN \ Live charge ¥1500(in1D)



※ペ・ヤングってのはつちっくれのコージくんがなにかやるらしい!(弾き語り?誰かとユニット?)
カズヒロも出るし、楽しみ〜♪


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》


● 9月28日(水)@国立・地球屋
● 10月02日(日)@立川・A.A.company
● 10月06日(木)@新宿・Soul kitchen
● 10月07日(金)@日野・soul-k
● 10月08日(土)@鴬谷・What's up
● 10月09日(日)@高円寺・稲生座
● 10月14日(金)@新宿・Bar Strength
● 10月16日(日)@神奈川二宮・Vegi cafe
● 10月18日(火)@国立・地球屋
● 10月23日(日)@大阪・難波宮跡公園
● 10月25日(火)@高円寺・Reef
● 10月29日(土)@高円寺《高円寺フェス》
● 11月07日(月)@東中野・じみへん
● 11月13日(日)@大阪 西成・難波屋
● 11月19日(土)@千歳烏山・Tsubo
● 11月20日(日)@高円寺 club knock
● 11月27日(日)@西麻布 プレートトキオ
● 12月10日(土)@高円寺・ロックバーVAMP


シクヨロです〜〜!!!

ライブのお誘いや以前発売したCDの問い合わせなどは、
コチラまで!! ↓↓
kora2negi@gmail.com




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

caetano.jpg

※『Qualquer Coisa』Caetano Veloso(1975年作)

…ってことで、なぜに東京では単独公演やってくれないんすかね(笑)

…っていう思いを込めて、聴き入っている、なう(笑)

このレコードは3つ続けてのビートルズのカバーだったりとかを中心に、カバー曲がよく取り沙汰されるアルバムだと思うのだけど… でも、アタマとラスト曲のカエターノ・オリジナル曲もイイんだな、これが。

ジャケを観ても分かる通り、ビートルズの『Let it be』のパロディみたいなジャケだし、このアルバムの後にもビートルズのカバーをしてたりするので、カエターノがどれだけビートルズに多大な影響を受けてたのかが、確かに分かる。
でも、ここで取り上げてる3曲、「Eleanor Rigby」「For no one」「Lady Madonna」はどれも完全にカエターノ節。そこがスゴいんだよね、完全に自分のモノにしちゃってるとこが。

それ以外だと、個人的にはTr-6の「Drume negrinha」が好きだな。
この曲ではジョアンドナートがピアノで参加してて、これがまた素晴らしいプレイなんですわ。


最近のCD盤の方にはボーナストラックが2曲入ってるらしく、そっちではヒタ・リーのカバーなんかしてて、いつかそっちも聴いてみたい。

と、まあ、カエターノの単独公演が大阪でしかないことへの恨み節も込めて、書いてみました(笑)








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。