8月終盤のライブを、2つばかり。。

どーも!!
今週末、おなじみの高円寺ペンギンハウスにてライブっす!

んでもって、今度の日曜は古くからの友人、りゅーちゃんが、神奈川の二宮ってとこの…なにやら保育園で(?)子どもがたくさんいるイベント(?)を開催するらしく、それにオイラを誘ってくれたので、ギター担いで行ってきやす!!

どうもリューちゃんはオイラの『ホンモノのオーガニック』を動画サイトで観て、そんでわりとオーガニックな今回の集いに呼んでくれたらしくて(笑)いやあ、大変意義のあることです。
そういう集いにこそ、この曲はふさわしい。…と、個人的には思いやす!!!

※ …っつーわけなんで、なぜボクがこの曲を作ったのか…ってことを、固有名詞を出しながら(イベント名,等 笑)この日は1時間くらいにわたって、説明しようと思います!(爆)
子ども向けっての、度外視!!ww

どちらの日も、ヨッロシクッネぇぇ〜♪



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2016年 08月26日(金)
高円寺ペンギンハウス

《出演》
●ららばいてりい&さっちん
●大濱吾朗
●ねぎ裕和
●ケチャップス

19:00オープン 19:30スタート
チャージ¥1800円






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2016年 08月28日(日)
二宮 VEGI CAFE & てんとうむし保育室

『machi to art Vol.01』

※入場無料
10:00 〜 18:00(ハープやフルートの方たちも出演します。ボクねぎの出番は16:00ごろみたいです。)


20160828nino.jpg




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》


● 8月26日(金)@高円寺・ペンギンハウス
● 8月28日(日)@二宮・VEGI CAFE & てんとうむし保育室 『MACHI TO ART Vol.01』
● 8月30日(火)@国立・地球屋
● 9月03日(土)@阿佐ヶ谷・天
● 9月09日(金)@大阪・戦国大統領
● 10月08日(土)@鴬谷・What's up
● 10月09日(日)@高円寺・稲生座
● 11月27日(日)@西麻布 プレートトキオ


シクヨロです〜〜!!!

ライブのお誘いや以前発売したCDの問い合わせなどは、
コチラまで!! ↓↓
kora2negi@gmail.com






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



nantou.jpg
※『日本合唱曲全集「南島歌遊び」福島雄次郎作品集』鹿児島市立鹿児島女子高等学校音楽部 他

ここ2年くらいだろうか…けっこう合唱にハマっていまして。。
やはり自分自身が弾き語りっていうスタイルをメインにやっていくようになってから、自ずと「声」っていうものの可能性みたいなものを模索し始めた頃で。
そんな折、何の気になしに聞いていたAMラジオから中高生の合唱コンクールの実況録音が流れてきた。
…それが、衝撃だった。
もう、今までの「合唱コンクール」っていうもののイメージを覆されたというか。
現在の合唱コンクールのクオリティってこんなことになってるんだ〜!!…って。

それでいろいろ音源を探ったりしてる中で出会ったのがこの音源。
これまたビックリしたのだった。

この中の一曲。↓



…まあ…
こういうのをどうやって弾き語りに取り入れるんだってツッコミあるかもだけど(笑)

でも、ビョークの『メダラ』や、トッドラングレンの『アカペラ』みたいに、声を楽器として据えて作られた音楽ってのは今までにもたくさんあったり、マイクパットンみたいに声を自由自在に使ってロック〜アバンギャルド、どんな音楽性の場所でも独自の存在感を示すことができる人もいたりする。
『南島の歌遊び』には、そういう…例えば、伴奏に対しての、主旋律、…みたいな分かりやすい構築の音楽を凌駕してて…。メロディの混ざり方にしても、それこそ民謡的な、土着なフィーリングがそこはかとなく感じられるので、このままアバンギャルドな領域まで想起できるというか…
要するに「声」ってものには他の楽器にはない圧倒的なパワーがあって、そしてそれを音楽の中にどう持ち込むかってこと自体、まだまだ可能性があるんだと思う。


ちなみにこの『南島の歌遊び』の作曲者、福島雄次郎さんという方は奄美地方の民謡や、その他九州地方の民謡を元にした合唱曲を多数作られた方。中でも1987年発表のこの『南島の歌遊び』がきっかけで、日本の合唱コンクールのレベルを決定的に上げたと言われている。…らしいです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

寝木裕和

Author:寝木裕和
10歳から地元名古屋にて速水武志氏よりクラシックギターの手ほどきを受ける。
ハードコアパンクband「scar」で活動した後、東京にてファンキー・サイケband「KORAKORA」を結成、各地でライブを繰り広げる。
その間、某アングラロードムービーにシタールで参加したり、元CANのダモ鈴木氏と即興ライブしたり、ギタリスト西川進氏のアシスタント・スタッフに参加したりと、音にまみれた東京生活を送る。
2017年、突然関西に移住。
現在、ギター一本、弾き語りスタイルで活動中。

検索フォーム
リンク