関西のみなさま、週末、会いましょ〜!!

いよいよ、関西ライブですよー!!

その前に、次のライブは
阿佐ヶ谷・天ですぜ〜!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2015年 10月27日 (火)
阿佐ヶ谷・天

《 出演 》
山下健太(鼻ホームランの森)/ Marine & Zeeco / ねぎ裕和(KORAKORA)


Open PM7:00 / Start PM7:30
投げ銭 LIVE!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そんでもって、週末はこれだ〜!!!
kansai.jpg


===== ① =====

2015年 10月30日(金)
京都・ウーララ

《出演》
AUX / RAD84 / Noisy Girls / バビロンブレイカーズ / ねぎ裕和(東京、KORA KORA)

Live Charge 前売 1,400円+1d / 当日 1,800円+1d
Open 18:30 / Start19:00




====== ② ======

2015年 10月31日(土)
大阪・難波宮跡公園

《出演》
・バビロンブレイカーズ
・はちようび
・インドシ
・YAS LONGNECK KAREN
・320
・森田直樹(グル絶対)
・ねぎ裕和(KORAKORA)

Start 17:00
FREE LIVE!!!



====== ③ ======

2015年 11月1日(日)
大阪・戦国大統領

『 friend of a friend 』

《出演》
● 山本歌音
● naonari ueda
● レーザー
● かんちゃん(B玉)
● 佐藤康介
● ねぎ裕和( KORAKORA )
● 320

Open 16;30 start 17;00
Live Charge¥1500+1D



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》


● 10月27日(火)@阿佐ヶ谷・天
● 10月30日(金)@京都 ウーララ
● 10月31日(土)@大阪/ 浪速宮跡公園(野外イベント)
● 11月1日(日)@大阪・戦国大統領
● 11月6日(金)@四ッ谷 OUTBREAK
● 11月10日(火)@新宿 URGA
● 11月19日(木)@国立・地球屋
● 11月20日(金)@阿佐ヶ谷・天
● 11月30日(月)@阿佐ヶ谷・Yellow Vision
● 12月3日(木)@西荻窪 Pit Bar
● 12月4日(金)@阿佐ヶ谷・天(仮)
● 12月10日(木)@高円寺・MISSION'S
● 12月16日(水)@高円寺・稲生座
● 12月19日(土)@国立・地球屋

シクヨロです〜〜!!!

ライブのお誘いや以前発売したCDの問い合わせなどは、
コチラまで!! ↓
kora2negi@gmail.com





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

tania.jpg
※『Olha Quem Chega』TANIA MARIA(1971年作)

ブラジル発女性SSW、タニアマリアの、これがデビュー作。
デビュー作にして、個人的にはタニアマリアのレコードで一番聴く機会の多い盤かな。

この後、タニアマリアはどんどん洗練された音楽になっていって「Come With Me」なんていう大ヒット曲まで作っちゃうんだよね。

でも、私はこのデビューアルバムで聴かれるような、怪しげな雰囲気を醸している頃のタニアマリアが好き。

とくに、Tr-6「ガロータ・ダ・ミーニャ・シダーヂ」は、怪しげでありながらグルーヴィーでポップで、とてもとても好きなトラックだ。
tr-1のようなノリノリのサンバジャズな雰囲気の曲を冒頭に配すと、レコード全部そんな感じかと思いがちだけど、Tr-4のようにメロウでゆったりとした、そして美メロなサビを持つ美しい楽曲もあるし、もろソフトロックな感触で疾走するナンバーTr-8の「エイ・ヴォセ」なんて曲もあったりと、まあバラエティーに富んだ、永くつき合える良盤である。


しかし、ポップスでもジャズでもロックでも、ブラジルの人が演奏するとなぜ例の独特の『ノリ』が滲み出てくるんだろう。
いや、まあ、血の音楽なんだろうな。彼らが奏でているのは。血で脈々と受け継がれてきたもの。



スポンサーサイト

明日っ!!新宿で、唄う!!

そう、明日
ジュクで唄います、ジュクでっ!!
新宿、ソウルキッチン!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2015年 10月22日(木)
新宿ソウルキッチン

《 出演 》
次郎長 / サラムイミ / 音骨 / ねぎ裕和(KORAKORA)

Open19:00 / Start19:30
CHARGE:¥1000円 +1DRINK




シクヨロっ!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》


● 10月22日(木)@新宿ソウル・キッチン
● 10月27日(火)@阿佐ヶ谷・天
● 10月30日(金)@京都 ウーララ
● 10月31日(土)@大阪/ 浪速宮跡公園(野外イベント)
● 11月1日(日)@大阪・戦国大統領
● 11月6日(金)@四ッ谷 OUTBREAK
● 11月10日(火)@新宿 URGA
● 11月30日(月)@阿佐ヶ谷・Yellow Vision
● 12月3日(木)@西荻窪 Pit Bar
● 12月10日(木)@高円寺・MISSION'S
● 12月16日(水)@高円寺・稲生座
● 12月19日(土)@国立・地球屋

シクヨロです〜〜!!!

ライブのお誘いや以前発売したCDの問い合わせなどは、
コチラまで!! ↓
kora2negi@gmail.com


kansai.jpg

関西のみなさま、今月末です〜!!
遊ぼうぉ〜〜!!☆




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



tangerine.jpg
※『Atem』Tangerine Dream(1973年作)

今晩は、このレコードを聴きながら、寝よう。

ご存知、タンジェリン・ドリームの4作目。
バッドトリップへのいざない。

購入当時、このジャケットも強烈なインパクトがあった。
宇宙のような空間の暗闇から、巨大な赤子が出現するというこのジャケット。
Tr-1のタイトルトラック「Atem」の、祭り囃子のようなパーカッションとスペイシーな音群の洪水は、この巨大な赤子が出現する時のSEのようでもある。
そう思うと笑っちゃう(笑)
「この曲で赤子さまが“おな〜り”かよ!!」って(笑)

このTr-1の調子で、このままこのレコードはバッドトリップ体験を聴くものに強いていく。
いや、恍惚感とバッドトリップ感が幾重にもなって襲いかかってくる感じか。

この『Atem』の次のアルバム、これまた傑作なのだが、『Phaedra』が、海底深く深く…光りが一切届かない場所の世界のようなものを描いていたとしたら、この『Atem』は完全に太陽系ではない、別のブッ飛んだ銀河を描いているようだ。
ちなみに個人的には『Phaedra』のほうが僅差で聴く機会が多いかな??
それは『Atem』が劣るという訳ではなく、その音世界が圧倒的な壮大さなので、聴く時を選ぶような気がする。


で、いろいろ動画サイトで見てたら、いま現在のタンジェリンドリームのライブ映像、けっこう上がってるんだね。
…う〜〜ん、今、こんなキレイな感じなんだね(笑)


まあ、ヒマな時にでも見てくださいな。
なんか、オリンピックの開会式とかにバックで流れてる音楽みたいだ(笑 なんとなくイメージ湧くかな?)





こんなん、ありますぜ!!

12月には、こんなの、あります!!
前回は、オイラの企画って感じだったんだけど、
今回はねたのよいのイギさんと共同企画って感じで☆
そんな感じで、このイベントはオイラだけの企画って感じでもなく、
フレキシブルに、自由に、だれと共同企画でもなんでもござれ、って感じの
スタイルでやっていきたいと、
急にそんな風に思ってるんです(笑)唐突に!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これね!!

2015-12-16.jpg



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その前に、これね!!

kansai.jpg


どちらも、ヨロシクでありますっ!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》


● 10月22日(木)@新宿ソウル・キッチン
● 10月27日(火)@阿佐ヶ谷・天
● 10月30日(金)@京都 ウーララ
● 10月31日(土)@大阪/ 浪速宮跡公園(野外イベント)
● 11月1日(日)@大阪・戦国大統領
● 11月6日(金)@四ッ谷 OUTBREAK
● 11月10日(火)@新宿 URGA
● 11月30日(月)@阿佐ヶ谷・Yellow Vision
● 12月3日(木)@西荻窪 Pit Bar
● 12月10日(木)@高円寺・MISSION'S
● 12月16日(水)@高円寺・稲生座
● 12月19日(土)@国立・地球屋

シクヨロです〜〜!!!

ライブのお誘いや以前発売したCDの問い合わせなどは、
コチラまで!! ↓
kora2negi@gmail.com

高円寺と、三軒茶屋で!!

今週のライブ!!
明日は高円寺!!
金曜は三軒茶屋じゃっ!!!
シクヨロっ!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2015年 10月14日(wed)

高円寺 MISSION'S
『 人間曼荼羅最前線 mission.19 』

{ ACT }
Tangible Smoke
七條春道
タイチジャングル
ねぎ裕和( KORAKORA )
Honey Swamp Monster

【DJ】 pulp (DISCO1990)
【FD】 Asari DELI

OPEN 18:00 / START 18:30
LIVE CHARGE ADV ¥2,000 / DOOR ¥2,500 + 1drink(¥500)


◆18:30(スタート時間)までの入場でドリンク1杯サービス!!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2015年 10月16日(金)
三軒茶屋 cometogether

《 出演 》
MYM
テキタクマツ
ねぎ裕和( KORAKORA )

《 DJ 》
DJ cho-sk

Open 19:00 / Start 20:00
Live Charge ¥ 1000円

10-16.jpg



ぜひっっ!!!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



んで、今月末は、
弾き語りをメインでやり始めてからとしては
初の関西ライブっす〜!!
みなさま、キャモ〜〜ン!!!




《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》

● 10月14日(水)@高円寺 MISSION'S
● 10月16日(金)@三軒茶屋 cometogether
● 10月22日(木)@新宿ソウル・キッチン
● 10月27日(火)@阿佐ヶ谷・天
● 10月30日(金)@京都 ウーララ
● 10月31日(土)@大阪/ 浪速宮跡公園(野外イベント)
● 11月1日(日)@大阪・戦国大統領
● 11月6日(金)@四ッ谷 OUTBREAK
● 11月10日(火)@新宿 URGA
● 11月30日(月)@阿佐ヶ谷・Yellow Vision
● 12月3日(木)@西荻窪 Pit Bar
● 12月16日(水)@高円寺・稲生座
シクヨロです〜〜!!!

ライブのお誘いや以前発売したCDの問い合わせなどは、
コチラまで!! ↓
kora2negi@gmail.com





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



boomer.jpg
※『Boomer's story』Ry Cooder(1972年作)

秋の夜長に、ライ(笑 なんかこれ、枕詞的に、よく使うな〜〜)

でも、ホントに、Tr-5のジェイムズ・カーの「Dark End Of The Street」とか、その次のトラックの「Rally 'Round The Flag」とか、こういう寡黙なブルージィーさを称えた曲たちって、秋に合うんだな、これが。
こういう曲を、ひとり夜、聴く時ばかりは、ふだん焼酎派の私も、ウイスキーなんぞを呑みながら浸りたくなってしまう(笑)

あの、少し話しがズレるけれど。

このアルバム、Tr-2の「Cherry Ball Blues」。

この曲のジム・ケルトナーのドラム、かな〜〜り林立夫さんのドラムっぽい。
いや、もちろん、林立夫さんのドラムが、ジムケルトナーっぽいんだけど。
林立夫さん自身、ジムケルトナー好きだって、公言してるらしく。
ドラムのトーンも似ているしね。特にキック。
この曲は実は私のこのアルバムの中で1、2を競うお気に入りトラック。
この曲で聴かれる、タブラにも近いようなパーカッションも独特だしね。

また、興味深いところでは、Tr-9で、これはスリーピージョンエスティス作のナンバーなんだけれど、このレコードでもスリーピージョン自身がギターと唄を担当している。

スリーピージョンは私も大好きなブルースマンの一人だけれど、ライクーダー以下、このアルバムのバンドメンバーとジャムってるこのトラックは、またスリーピージョン名義のレコードとは違った雰囲気で、そのへんが面白い。

このレコード、派手さは無いけど、ブルージーで、ファンキーで、そして静かな長い夜に聴くにはもってこいの名盤だと、私はずっと前から思っているのでした。





阿佐ヶ谷/天で唄うぜ!!

今週は、金曜日に阿佐ヶ谷・天で唄いますゼ〜!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2015年 10月9日 (金)
阿佐ヶ谷・天

『 Bluesin' vol 2 』

《 出演 》
ねぎ裕和(KORAKORA) / SADA / Blues Heads

Open PM7:00 / Start PM7:30
Live Charge ¥1000+オーダー



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

んで、今月末は、
弾き語りをメインでやり始めてからとしては
初の関西ライブっす〜!!
みなさま、キャモ〜〜ン!!!





《“ねぎ裕和”弾き語り
ライブスケジュール》

● 10月9日(金)@阿佐ヶ谷・天
● 10月14日(水)@高円寺 MISSION'S
● 10月16日(金)@三軒茶屋 cometogether
● 10月22日(木)@新宿ソウル・キッチン
● 10月27日(火)@阿佐ヶ谷・天
● 10月30日(金)@京都 ウーララ
● 10月31日(土)@大阪/ 浪速宮跡公園(野外イベント)
● 11月1日(日)@大阪・戦国大統領
● 11月6日(金)@四ッ谷 OUTBREAK
● 11月10日(火)@新宿 URGA
● 11月30日(月)@阿佐ヶ谷・Yellow Vision
● 12月3日(木)@西荻窪 Pit Bar
● 12月16日(水)@高円寺・稲生座
シクヨロです〜〜!!!

ライブのお誘いや以前発売したCDの問い合わせなどは、
コチラまで!! ↓
kora2negi@gmail.com





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

moreira.jpg
※『TEM UM PE NO PELO』 Moraes Moreira (199?年作)

元オス・ノーボス・バイアノスのモライス・モレイラの、過去のヒット曲を再演したベスト的アルバム。
もちろん、オス・ノーボス・バイアノス時代の曲も入ってる。

まあ、それにしても1曲目のタイトル・トラックが、いかにも’90年代初頭のシンセによるパーカッションやらホーンの音がふんだんに鏤められていて、なんとも言い知れないダサさが…(笑)

でも、大丈夫!!!
2曲目以降はバイーアの香りいっぱいの、テンションの上がるサンバ・ナンバーやサウダージな哀愁ソング、とにかくおもちゃ箱ひっくり返したようなバラエティーに富んだ曲たちに夢中になるはず。

セルジオ・メンデスもカバーしたり、文字通りカーニバルの定番ソングになってもいたりするTr-2「Carnival do Brazil」はもちろん素晴らしいダンスチューン。
私、個人的にはTr-10「Coracao de mulher」とか、次曲「Meu pais」なんかが哀愁とグルーヴを併せ持った、これぞモレイラ・トラック!…って感じで好き。

ちなみに、このアルバムは、CDならば数百円で売ってたりする可能性大なので、中南米音楽を取り扱ってるレコ屋のセール品の棚とかをチェックしてると見つけられるかも。





KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

neg1

Author:neg1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク