小岩ブッシュバッシュでLIVE!!

はいっ!!
本日、11月28日の金曜は、けっこう久々、小岩ブッシュバッシュでライブだよー!!
ねたのよいや、藻の月とご一緒!!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2014年 11月28日 (金曜)

@ 小岩・BUSHBASH

《 LIVE 》
● 藻の月 
● ねたのよい 
● KORAKORA 
● 殺生に絶望 

open 19:00 / start 19:30 
adv 1300yen / door 1500yen(+1drink order)
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨夜は、友達であるデーモンズというバンドの、ああ柴くんのお通夜に行ってきた。
demons2.jpeg

ああ柴くんからもらったものはたくさんあったな。
音楽やライブに対するまっすぐさだったり、近くにいてくれる人に対する愛情だったり。

ああ柴くん、そっちに行ったらまた一緒にライブやっておくれー!!

REST IN PEACE..

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ondo.jpg
※『Let's Ondo Again』大滝詠一 (1978年作)

今日のああ柴くんのお通夜で、彼が大好きだった大滝詠一がずっと流れていた。

俺は、個人的に大滝詠一のアルバムの中では断然、これ。
ナイアガラレコード史上、最も売れなかった音源(笑)
でも、はっきり言って、これ、超・超・超・大名盤。

音頭と、リズムアンドブルースと、ロックンロールと、コミックソング…etc それら全部がこれ以上無い絶妙な分量でクロスオーバーしている。

たしか、なにかのインタビューで山本精一さんが、「レッツオンドアゲイン収録の『河原の石川五右衛門』を、どういう風な聴き方すればいいのか分からなかった」と言ってた(笑)
同時にそのインタビューで、細野晴臣さんと大滝詠一さんはボクの中で2大ヘンタイリズムメイカーであるとも。

今晩はコレを聴いて、ああ柴くんを追悼しながら、眠りにつくとします。


スポンサーサイト

本日!(11月19日水)地球屋でライブ!!

今日は、国立地球屋さんにて、フラバカ企画のサイコーにグッドバイブレーションなパーティですぜ!!
もちろん、ボクらKORAKORAは、先日、発売したばかりのニューアルバムを2枚とも販売しますぜっ!!
みなさん、きゃっもーん!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2014年 11月19日 (水曜) 

『 WAVE MOTION 』

@ 国立・地球屋

《 LIVE 》
● KORAKORA
● フラバカ
● SADA 

open/start 19:00/20:00
live charge¥1000


ぜひっ!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


うちのオヤジが、末期がんで最後、なかなか寝付けない時はヒーリングミュージック的なものではなく、志ん朝の落語を聞いて寝ると、寝付きがよかったんだそうな…
志ん朝みたいな天才、ぜったいに二度と現れないんだろうな。
そしてこの方、相当なジャズマニアであるというのは有名な話し。

ニューアルバム発売後・初ライブ!

はい、無事、オイラたちKORAKORAがニューアルバムをリリースしてから、初めてのライブが、日曜日に吉祥寺マンダラでっ!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2014年 11月16日(日曜) 
吉祥寺・曼荼羅 presents、『 MUSIC SURFER 107 』!! 

@ 吉祥寺・曼荼羅

《 LIVE 》
KORAKORA / OH! SKA-SUN / Louis Khachaturian / JAHSPELLS / JAGA JAGA BAND

《 DJ 》
西岡マサル (from The Brass Circus) / ヒロキ(おんがく) / Shottaro / ゆっこ

OPEN 18:00 / CLOSE 24:00
CHARGE ¥2200 (前売り予約¥2000)+1 DRINK ORDER


ぜひ、おいでくださいなっ〜〜☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

mccartney.jpg
※『McCartney Ⅱ』Paul McCartney (1980年作)

ご存知、けっこう日本ではバッシングされることが多いアルバム(笑)
Tr-8が「Frozen Jap」だからね(笑 例の、空港でガンジャで捕まったことをテーマにした曲。)
そうでなくても、宅録っぽさが強くて、チープだとかクオリティが低いとか言われがち。

そんでも、Tr-1「Coming Up」は文句なしにヒットしてるしね。

…でも、俺がここで書きたいのは、CDにボーナストラックとして収められたTr-12、そしてTr-13。
とくにTr-13の「Secret Friend」なんて、前情報なしで一聴しただけだと、アシュラテンペルか、ホルガーチューカイのソロかと思うんじゃないかな。
そんくらい、ぶっ飛んだミニマルミュージック。


いつも思うんだけど、ロックの本とか、ジャズとかでも評論家が書く評とか、あまり信じずに、というか、人の評価をあまり気にせず、音楽ってのは自分のセンスを頼りに掘っていった方がいいと思うのだ。

ジャズとかなんて、まず本に載ってる「初心者はこれから聞き始めろ!」みたいなのは信じない方がいい(笑)
まさにジャズとかインプロミュージックこそ、自分の感性を頼りに、時にはジャケット観てピンときただけで決めちゃうとかさ、そういう感じで探求してったほうが、ゼッタイいい。

このポールのソロアルバムも、正しくロックを語る専門書とかにはチープとか、パーソナルすぎるとか、書いてあるかもしれないけど、そういうので決めてたら、こういうボーナストラックで入っている素晴らしい曲を発見できないよね。

とは言え、このアルバム、全編名曲ぞろい…とは言い難いことはたしか(笑)
けどもさ、そこも、もしも貴方が本当の音楽好きでレコード・ディガーなら、そのレコードに1、2曲しか手に入れたい音が無くても、それでそのレコードをスルーできますか??
俺は、1曲でも、それが強烈にぶっ飛んでて繰り返し聞きたい音楽ならば、絶対に傍らに持っていたい。

そんなことを、若かりし頃の俺に教えてくれた、そういう意味でもずっと大事にしてるアルバム。



絶賛発売中!!!

いよいよ、本日(いや、日付け変わったからもう昨日やね!)、オイラたちKORAKORAの NEW ALBUMが発売になってますぜっ!!!

hatsuvai.jpg
※右の紫のがライブ盤『 Live At OSAKA SOMA 』、左の白い方がスタジオ盤『平成のおあそび』!

左の『平成のおあそび』の方には、新曲オリジナル7曲、最後にじゃがたらのカバー「Hey!Say!」が入っておりまする。。
右の『 Live At OSAKA SOMA 』の方には大阪SOMAでのライブ音源が、なかでも約20分にも及ぶ「銀河のフィッシング」は一聴の価値ありっ!!

『平成のおあそび』の方はジャケット・アートワークを奈良在住の写真家、百々武氏が手がけてくださいまして、かなりグッとくるジャケットもぜひ観てみて感じてみて!店頭にあるのを手に取って観るだけでもいいぜ!!
あ、百々武氏は来年早々にも写真集を出す予定で、そっちのほうもメチャメチャ楽しみなのだー!!


……ところが、さっき気になって
中野ディスクユニオンの方に観にいってみたら、
もうオイラたちのCDが売り切れとのこと…
みなさん、早めに店頭で確認して、ゲットしてね〜!!!☆

(頼むわ、ディスクユニオン、ほんまに。。)

ニューアルバムの特典映像!!

いよいよ来週の水曜に発売のKORAKORAニューアルバム、『平成のおあそび』と、『Live At OSAKA SOMA』、どちらも、ディスクユニオンさんで購入された方、先着で今までのKORAKORAライブ、多摩川で行われたウォータードラム・セッションのモヨウを収録した特製DVDをプレゼント!!!!

早めにご予約を!!!!!

ご予約はここから可能よ〜♡ → ユニオンの特設サイト

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そんでもって、日付け変わって、これ今日のライブ!!!

2014年 11月7日(金曜)

『HOT COMIC vol.2』

@ 渋谷・RUBY ROOM

《 LIVE 》
● SADAザMONGOLOIDSPOT
● KORAKORA
● Va 鬼クライマー

《 DJ 》
● TAKEE
● 不時着(一夜特濃)
● salad barr
● DHALSIM
● MMZK

《 VJ 》
● komi QQQ
● BIEN

OPEN 20:00
LIVE CHARGE ¥1500(1drink 込)

hotcomic2.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

lifetime.jpg
※『Turn It Over』 The Tony Williams Lifetime (1970年作)

私は猛烈に叩きまくるドラム、暴力的に弾き倒すギター、狂ったように叩き奏でる鍵盤奏者が好きだ。
それらがものすごいテンションで同居してるのがこのアルバム。

1作目『エマージェンシー』に続く、こちらはセカンドアルバム。
10曲目、マハビシュヌ・オーケストラもやってた「one word」では、つい先日惜しくも急逝したジャックブルースがベースを担当している(歌も)。

説明不要、ハイテンションなジャムバトルを聴きたいなら、こういったアルバムもかなりおすすめっす。

なんせ、レコード中ジャケに書いてある言葉が、その辺りの本人達自身のプライド、…というか意気込みを垣間見せる。
「PLAY IT LOUD、PLAY IT VERY VERY LOUD」
いいねー、ジャズ畑の人らがそこから飛び出してこういうこと宣言しちゃうの。

音の方は、もともとブリティッシュ出身者が二人も参加しているからか、どこかそっちよりのジャズロックを感じさせる内容だ。ジャズロック化していったころのソフトマシンとかね。同じくそっち寄りになってった時期のGONGとか。

そういうサウンドで、狂気的に暴れまくってるジャムを聴きたい人には手放しでオススメできますな。
LIFETIMEのアルバムの中でも、あまり語られることの無い一枚なのだが。


今週・金曜、渋谷ルビールーム!!

これだ!!
金曜日、『 HOT COMIC Vol,2 』!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2014年 11月7日(金曜)

『HOT COMIC vol.2』

@ 渋谷・RUBY ROOM

《 LIVE 》
● SADAザMONGOLOIDSPOT
● KORAKORA
● Va 鬼クライマー

《 DJ 》
● TAKEE
● 不時着(一夜特濃)
● salad barr
● DHALSIM
● MMZK

《 VJ 》
● komi QQQ
● BIEN

OPEN 20:00
LIVE CHARGE ¥1500(1drink 込)

hotcomic2.jpg
ぜひっっっ!!!!☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それから、
来週水曜日はいよいよ
KORAKORAのニューアルバム、
『平成のおあそび』と
『Live at OSAKA SOMA』の
発売日!!

possai.jpg

もちろん、名古屋でも、大阪でも、それぞれの町の店舗で購入可能ですぜー!!
タワーレコード、HMV、そしてもちろんディスクユニオンでも買えるので、もし店頭に無かったら店員さんに聞いてみてくださいませ〜!!



KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

neg1

Author:neg1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク