2011,夏・終盤戦☆

なんか、30歳過ぎた今でも、9月に入っちまうと夏休みも終わりだぁ~~イコール夏が終わりだぁ~~‥‥
って感覚になるのはなんなんでしょうね??

やっぱ、日本の学校生活ですり込まれたものって、成人して何年経っても自分の中に残っちゃうのかね。


しかし、まぁ、そんなこんなで今年の夏ももうすぐ終わりってことですわ。。


昨日は、上野水上音楽堂にて、《ねた祭 2011》!!!

この祭りで、オイラは毎年、酔っ払いすぎてつぶれてどこかで寝ちゃうっつ~~のが恒例化してるフシがある。。。
昨日もそうだった(笑)


でも、もう毎年の夏の楽しみとして、定着しつつあるよね~~♪

neta-sai-ken

しか~~し!!!
酔っ払いすぎて、ライブ楽しみすぎて、撮れてる写真が、上のケンシロー乱入ライブしかない。。。(笑)

‥‥‥みなさん、酒は飲んでも飲まれるなですな☆

ねたのよい、スタッフのみなさま、お疲れさま~~!!
そしてサイコーの祭りを、今年もアリガトウ!!!



はい、KORAKORAのライブは、今月残り2本っっ!!!



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


8月22日(月曜)

@新大久保EARTHDOM

EARTHDOM PRESENTS!! 
《1000円ポッキリ LIVE》


 
ローライフサーファー / アンギャー / KORAKORA / THE DEADPAN SPEAKERS

OPEN 18:30 START 19:00 当日のみ 1000円



lowlifeminini



んで、その次の日、火曜日は新宿CLUB DOCTORにて!!!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

8月23日(火曜)

新宿 CLUB DOCTOR

“昆夜”

 
鵺院 / 国分寺エクスペリエンス / KORAKORA / Love-Bear with ファン・テイル  

open19:00/start19:30 前売り\1,800/当日\1,800(DRINK代別途\500)





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


そして!!!
しめきり間近か!??そうなのか!???
地球屋8周年イベントの前売りチケット、われわれKORAKORAからも購入できますよ~~☆
欲しい人はお早めに~~!

(限定チケットですゆえ。。)

直接メールでも受け付けてるし、ライブん時に直接話しかけてくれてもOKよっ♪
メールの人↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
kora2negi@gmail.com

8chikyu



9月2日(金)~9月4日(日)

国立地球屋 8th anniversary
「地球屋音泉祭 ~温泉へ行こう~」 at みずがき山リーゼンヒュッテ
入場料(限定400枚):前売り3000円/当日4000円

【会場】
みずがき山リーゼンヒュッテ http://www.masutominoyu.com/v2/riz_1.html

【周辺案内】
増冨温泉郷 増冨の湯:リーゼンヒュッテより4キロ ラジウム温泉を体験できる温泉施設。通常料金700円のところ、今回【地球屋音泉祭】の入場パスをご提示されるとイベント期間中に限り500円で入浴いただけます。 http://www.masutominoyu.com/


ヨロシクですます!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

cheese-onestep

※『ONE STEP CLOSER』 THE STRING CHEESE INCIDENT (2005年作)


う~~ん、最近なぜだか、再びチーズをよく聴く日々が続いてる。

ま、理由は自分ではなんとなく分かってるんだけども。


それは、自分がやってるバンドに(KORAKORAに)、必要なものがこの辺りの音にあるんじゃなかなぁぁ~~、なんて漠然と考えながら、最近また聴くようになったんだと思う。


このチーズの2005年に出されたアルバム、初めて聴いたときはあんましグッとこなかったんだよね~~(笑)
なんか、ジャム・バンドはジャムってなんぼだろって思ってたから。。

そう、このアルバムではジャム・バンド、string cheese incidentのジャム的要素はほとんど感じ取ることはできない。

だから、これを初めて聴いた頃は興奮できなかったんだよね。

けど、今聴きなおしてみると、なかなかどうして、この独特のレイドバック感というか、ゆる~~い感じは出そうと思って出せるもんじゃない。

そう、オイラたちもそろそろこのレイドバック感をサラッと出せるバンドに昇華したいと。
これがホントに難しいことなんだけどね~~~。


彼らはこのアルバムを制作するときに、プロデューサーに「THE BANDの、『Music From Big Pink 』みたいなアルバムにしたい」と言って依頼したそうな。

なんとなく、目指そうとしてたことが、分かる。
いや、音楽的には違うものになってるんだけど、空気感というか、雰囲気、目に見えない部分なんだよね、THE BANDを引き合いに出したトコって、きっと。

12曲目「SWAMPY WATERS」みたいな、「ニルバーナか??」と思わせるくらいヤカマしいロック調の曲も入ってはいるけど、ほとんどがユルユル・ミュージックのオンパレード。

DEAD人脈のヒトが絡んでるとか、THE BANDの世界観を狙ったとか、そういった予備知識が無くても楽しめる、良質なアメリカン・ロック。
そう、広大なアメリカの大地を思わせる、ちょっと旅に出たくなるようなそんな世界。

その世界観は、1曲「give me the love」から全開で、そのまま2曲目「sometimes a river」にそれは引き継がれていく。

5曲目「silence in your head」のようなバラードも、その美しいハーモニーに胸を打たれる。
この曲の後ろでうっすら聞こえるマンドリンがまたいい味出してる。

個人的には8曲目「betray the dark」のような変拍子のミニマルな楽曲もツボですわ。
ちょっと、チーズもカバーしてるデイブ・ブルーベック「take five」みたいな雰囲気。

ソウルフルなタイトルトラック「one step closer」もいい感じ。ゆったりとグルーヴしてる。この「ゆったり」ってトコが、クセになるんだよな~~。。


まー、まー、全部いいんですよ、このアルバムは。

最初は突き刺さるような感動がなくても、聴けば聴くほどいいアルバムだなと思う。
この雰囲気を自分のバンドでも表現できるようになるのには‥‥‥そりゃ、なかなか時間がかかるんだろうね~(笑)

まだまだしばらく、チーズを嗜好する日々は続きそう。チーズ熱が再燃しちまったって感じの今日この頃です。。



スポンサーサイト

満月祭で、祈り。。

こんばんは。
はい、こんばんは。


もう、あいさつの上では、「残暑お見舞い申し上げます」って感じなんだよね。

しかし!!!
毎年この時期は、残暑というには暑すぎる!!!!



そんな残暑の厳しい中、明日、代々木のZHERtheZOO(ザーザズー)というところでライブしまっす!!!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


8月17日(水曜)
代々木にて!!LIVE! 

@代々木Zher the ZOO

《 Daimon/DaimonOrchestra『Ashikaga EP』ReleaseParty vol.1!!! 》~代々木編~  

 
複数大門 / KORAKORA / mandog ...etc,,

<絵描き> 
光 


OPEN 18:30/START 19:00 ADV. ¥2300/DOOR ¥2500



※なお、このブログを見てワタクシ・ネギに連絡くれたひと、なんとライブチャージが格安になりますよ。。内緒だけど。。

仕事帰りのついででも、遊びに来てくださいな~~~♪






はい、ココ最近のこと↓↓↓

bakuinori

はい、行って来ました、獏原人村!
『満月祭 2011』

オイラたちが到着してすぐに、上の写真のようにみんなで火を囲んでお祈りした。

満月祭の主宰のマサイさんが涙ながらに「この豊かな大地を守れなくて申し訳ない気持ちでいっぱい‥‥」と、その大地に向かって頭を下げていた。

なんか、ディズニー映画の、『ファンタジア2000』の中の一場面を思い出した。
たしか、ストラヴィンスキーの「火の鳥」をバックに繰り広げられる映像だった。
オイラはいつもあの映画のあの話を観ると、グッときてしまう。。

地球上の大自然の、死と再生を描いた、壮大なストーリー。
だけど、確か10分くらいのストーリーだったんじゃないかな???

放射能が大都を汚してしまったのは、紛れも無い事実。

うん、でも、きっと、何年かかるか分からないけど、自然は再生する、人間が思ってるよりもずっとすごい力を持っているだろう。
だからこそ、尚のこと、もう同じような事故で放射能まみれになるようなことが、ないようにしよう。

原発サヨウナラ、ここでヤメナキャいつヤメル!!!???

bakudance


john&aku

上の写真は、今回の満月祭で、めちゃくちゃ長い時間、音響の仕事を任されていたアクさんと、ジョン。

本当にお疲れさまでした。。。
あ!ユタカくんもめちゃんこイイ仕事してました!!!

音響の二人には大感謝です。。。




んで、帰ってきてすぐに、横浜のORANGE COUNTY BROTHERSという場所で、やさぐれ企画!!
『ねた祭 前夜祭!!2011』

netaorange

yasagureorange


ご覧のとおり、やさぐれも、ねたのよいも、激烈ロックなライブでした~~!!

やさぐれのジュンヤくんに、相当マニアックな歪み系エフェクターの話を聞かせてもらった♪
だって、ジュンヤくん、めちゃくちゃ追及してるんだもん、音作り。。
勉強になりましたぜ、マジで。。



そう、そして、今週金曜は、いよいよ『ねた祭2011』が開催されますぜっっ!!!!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


『 ねた祭 2011 ~バビロンにオアシスを~』 

@上野水上音楽堂


《LIVE》
ねたのよい / ブルースビンボーズ / やさぐれ / 鵺院 / WATERBED / ガンフロンティア / lowlife surfer
KORAKORA / リトルキヨシトミニマム!gnk! / つちっくれ / THE天国畑JAPON / フーゲツのJUN / pyano
我ヲ捨ツル
  DJ TeT3
LivePaint:Kewn (ゴミ等は各自もちかえってください)

入場無料 am11:00start!!


netasai2011




みなさま、夏はこれからだ!!!
まだまだ遊ぼうぜ~~~!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

modernart


※『MODERN ART』 art pepper (1956,1957年作)

少しおとなしめにこのアルバムを評したとしても、傑作という言葉を使うだろう。

まー、それくらいド有名なアルバムですね~~。

ドラッグが原因でずっと入退院を繰り返していて、しかもこのアルバムの直前に同じくドラッグが原因で逮捕されていて、録音時、釈放されて間もなかったというから驚きだ。

万全な体調ではなかったということだろう。

なのに、このアルバムで聴くことができるアートのアルトサックスは、流麗なことこの上ない。

流麗で端正なサウンドのウエストコースト・ジャズの中でも、アートペッパーのサウンドは群を抜いている。

このアルバムが傑作と呼ばれる所以は、とにかくジャズの気持ちいいところがこの音源には詰まっていること。
キラキラしていて、艶っぽく、それでいて燃え上がるときは静かに上昇していく。。

「blues in」から始まって、3曲目までの流れは、なんとも言えず気持ちイイ。
「blues in」でふっくらとしていて暖かいサックスの音で包んでくれて、3曲目「サヴォイでストンプ」では、静かな印象ながらも、身体を揺らさずにはいられない、ゆったりとスウィングさせてくれる。


なお、CDでは色々なオルタネート・トラックが入っていて、特に長尺の「summertime」は一聴の価値アリ!!
この深い深いムーディな世界に入り込んだら、快感となって脳にすり込まれてしまうでしょう。

なので、CDの方でたっぷり聴くのも、オススメですぜ~~!!








本日、山谷夏祭りで~~す♪



takeru

一昨昨日の『南風~ぱいかじ~Vol,6』での、タケルバンド。


hanshin

そのタケルバンドで、ベースを弾いてたNIGAYOMOGIのリュウちゃん!
地球屋でいつも美味いつまみを作ったりしてます♪




nakayubi

一昨日の渋谷PLUGで一緒にやった、あしのなかゆび。


他に、kentarowくんも一緒でした~~☆
kentarowくんは、9月2~4日の『地球屋8周年まつり』でも一緒ですぜ~~!!
楽しみ♪




本日、山谷夏祭りで、『サッチャン・バンド』としてワシとDRUMSのウタちゃんも参加しま~~す☆

貧乏人を殺すな!命を守ろう!
2011年山谷夏祭りへ!

日程: 2011年8月6日(土曜日)、8月7日(日曜日)
会場:山谷玉姫公園(最寄り駅:南千住駅⦅JR,つくばエキスプレス,日比谷線⦆)


スケジュール
■8月6日(土)
11:00 山谷労働者福祉会館にて打ち合わせ→玉姫公園へ資材搬入、設置
2:30 打ち合わせ・共同炊事準備
4:30 夏祭り開始、共同炊事
5:30 追悼、挨拶、乾杯 →カラオケ&コンサート
【コンサート出演予定:真黒毛ぼっくす、岡大介】
8:15 盆踊り
9:00 終了
■8月7日(日)
2:30 打ち合わせ・共同炊事準備
4:30 夏祭り開始、共同炊事
5:30 追悼、挨拶、乾杯 →コンサート
【コンサート出演予定:ジンタらムータ、マサ,、さっちゃんバンド】
8:15 盆踊り
9:00 終了


みなさんお越しください。

怒涛の8月の始まり。。

すんません、今月、怒涛の11連チャンLIVEです。。。

なによりも肝臓が持つかな???(笑)


とりあえずは、最近のご報告まで!!


7月29日、エルさんの誕生日イベントで、国立地球屋へ。。

ellesan

※ STRANGE:POEのメンバーから赤いずきん、ならぬ赤いレインコートをいただいて踊りだすエルさん(笑)

エルさん、めちゃめちゃ楽しそうでした~♪
この日、他にチナキャッツと、香りのするシャンプーが出てましたぜ~!!
STRANGE:POE、ベースが急遽ダイガくんがやってたけど、やっぱしい、いいバンドだね~、踊ったぜ~~!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

明日、その国立地球屋で、恒例の『南風~ぱいかじ~Vol,6』がありますぜ~!!
夏の風を感じたい人は、ぜひっ!!!

8月4日(木曜)

@国立地球屋 TEL 042-572-5851 


paikaji84


《LIVE》 
・KORAKORA 
・ワレンキャ 
・たけるバンド(from ANBASSA)  

OPEN 19:00 / START 20:00 1000円 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


んで、先週末は、地元で野方祭りを堪能☆

minobuyutaka
↑ ミノブさん&ユタカくん!

nogatamatsuri
↑ 万吉郎くんのライブで大喜びのみなさん!

syuchan
↑ 野方祭りの首謀者の一人、シュウちゃん!

tokisatch
↑ サッチャンが唄ってる最中に、ユタカくんのサングラスで遊ぶ、わが息子!


楽しかったぜ~~!!
いつも頑張ってる、シュウちゃん、ハルカちゃん!ありがとう!!
野方サブライム、いいお店だった~~♪また行くよ~~!!



そして、そして、昨日は、念願叶って出演!『キメラ座 Vol,17』!!!

netayoi
↑ ねたのよい!!!


fools
↑ FOOLS!!!


nueyin
↑ 鵺院!!!


どのバンドも、猛烈なロック汁垂れ流し系のライブだった!!
久しぶりに楽しすぎてEARTHDOMで泥酔した。。。次の日ひどい二日酔い‥‥(苦笑)

この日一緒にやった鵺院とねたのよいは、今月19日に行われる『ねた祭 2011』でもご一緒ですぜ~~!!
楽しみ~~~ぃ!!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

明後日、金曜日は、渋谷のPLUGでライブですぜ~~!!!

8月5日(金曜)

@渋谷PLUG


《LIVE》 
あしのなかゆび / KORAKORA / Kentarow

☆ あしのなかゆび
あしのなかゆび …06年、案外を中心に結成。メンバーの岡崎恵美(vo ex.「HAREM」)、宮下広輔(pedal steel g, g)が当時活動していた 
ユニット「くすりゆび」にあやかった仮名が、そのままバンド名として定着する。現在は、トオイダイスケ、後藤竜二(ex.「YoleYole」)、 
横山祐介を交えた「あしのなかゆびオールスターズ」編成を中心に、都内・神奈川でマイペースにライブ活動を展開中。「背伸びしない身 
の丈にあったオンガクを楽しくやること」をモットーとする。よく飲む。 

http://www.myspace.com/ashinonakayubi 

KORAKORA 

2004年8月、名古屋でハード・コアバンドをやっていたNEGI、 G-pan(BASS)、伝説のDJチーム「DOEL」でレゲエのセレクターをしていたSO-JU(DRUMS)、の3人が出会いライブを開始。東京を中心に、ライブハウス、BAR、野外パーティ、古民家やはてはピンク映画館等、場所を選ばすに演奏活動を続けてきた。幾度かのメンバーチェンジを経験しながらも日本各地でサイケデリックかつファンキーな音を巻き散らかしてきた。彼らの音楽性を一言で言い切ることは不可能だ。 FUNK、PSYCHEDELIC ROCK、AMBIENT、AFRO MUSIC等、さまざまなジャンルの音楽を飲みこみ、唯一無二のサウンドをつくり出している。その宇宙的で永遠に続くかのようなJAMスタイルのライブには、新しいスタイルのダンス・ミュージックを求めるリスナーから絶大な支持を受けてきた。2005年、デビュー・ミニアルバム『銀河のFISHING』を発売。 TRACK-3の「ヒサシテクダカ」では、東京のアンダーグラウンド・ヒップホップの雄、「THINKTANK」のJUBE氏とCHI3-CHEE氏が参加している。2010年現在、5人の最新型ジプシーたちは、今日も天高く上っていくようなスペーシーな音たちを生み出し続けている。

http://kora2.web.fc2.com/ 

Kentarow 

1983年4月19日、四国、愛媛にて生まれる。中学時代に、kentarow自身初めてとなるバンドを結成。ハードコアバンドのドラマーとして活動 
。この頃から作曲や作詞も担当。高校卒業後、音楽を志し、上京。デモ音源を各社に送り、テレビ出演などを果たすも、音楽業界の状況や 
在り方に幻滅し、アルバイトやサーフィン三昧の日々を送る。そんな日々も数年たち、その頃のバイト先の一つだった、川崎市、新百合ケ 
丘のバー、チットチャット。小さいながらも、メジャーレーベル、インディーズレーベル問わずそうそうたるメンツの、良質なライブが 
開催され、様々なジャンルのクリエーターも多く出入りしていたその店で大きなインスピレーションを受けた彼は、徐々に音楽に対し熱を 
取り戻していくことになる。チットチャットの店主、渕上零(gt)、B:RIDGE styleのリズム隊、shunchan(bass) 、kancam(drum)、等と 
バンドスタイルにてライブ活動も再会した今、そのシーンにおいて圧倒的な存在感を放ち、新しい風を吹き込んでいる。ロック、レゲエ、 
ダブなどの様々な要素が入り交じり遊び心に溢れたトラック、つぶやきのようでもあり、心の叫びのようでもあるリリック、「ゆるさ」と 
「激しさ」が同時に漂うようなその音楽は、誰にも真似る事のできない独自の表現となっている物や情報であふれつつも、誰もが自分の 
立ち位置に確信を持てずにいるような現代。自然体でいることが、混沌とした社会に対しもっとも力強い姿勢であることを訴えかける 
Kentarowの音楽やライフスタイルは、ジャンルを超え幅広い層に支持され、影響を与えていくことだろう。

18:30 / 19:00
\2000 / \2500 (各D別)

ticket info
03-5428-9188 (15:00~22:00)

ticket mail
info@shibuya-plug.tv




まだまだ呑んだくれますぜ~~!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

parliament

※『UP FOR THE DOWN STROKE』 PARLIAMENT (1974年作)

一昨日の、われわれKORAKORAの新大久保EARTHDOMでのライブん時、リハでユタカくんがベースを弾いてくれて、そん時にFUNKADELICのフレーズをベースで弾いてた。

なので、PARLIAMENT(笑)

このアルバムの後が、オレも大大大好きな、『CHOCOLATE CITY』!!

その布石になってるのが、この『UP FOR THE DOWN STROKE』だ。

このアルバムからブーツィーも参加してるし、もちろんオレの心の師匠、エディ・ヘイゼルも参加してて、なにかと聴きどころが多いアルバムなのだ。

なんか、P-FUNK系のファンクって、どす黒くて重いんだけど、可愛いフレーズや音使いも多くて(この辺りはバーニーウォーレル効果が利いてるんだと思う。)、そういう意味では聴きやすいんだよね~~。

このアルバムだと、4曲目「I CAN MOVE YOU」のイントロなんかがそんな感じ。
そのキュートなイントロから、P-FUNK特有のファンクビートが入ってくる瞬間がカッコいいことこの上なし。

オイラが個人的に大好きなのが、怪しすぎるミディアム・ナンバー、6曲目の「All Your Goodies Are Gone」ですな。。
ベースのリフが「Cosmic slop」っぽいんだけど、あれとは全体の曲調が違う。こっちは妖艶、かつ怪しげ。。
この曲でバーニーが弾くアコースティック・ピアノが素敵過ぎる。お洒落なんですわ~!さすが、P-FUNKで唯一アカデミックな教養を持ったミュージシャンなだけある。。(笑)


その後の『Mothership connection』とか『Clones of Dr Funkenstein』で、名実ともにスーパー・ファンクバンドになる前の、荒くて勢いのある演奏を堪能できる音源だ。

おっと、7曲目の曲「Whatever Makes Baby Feel Good 」では、心の師匠、エディさんが、いつものジミヘン・ライクな泣き泣きのギターを披露してまっせっ!!!そこも要チェックっ!!







KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

neg1

Author:neg1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク