みなさん、ありがっとう!!!

11月23日の、われわれKORAKORAのレコ発イベントに来てくれたみなさん、花&フェノミナンno entrynetanoyoi知久寿焼さま、ブルースビンボーズ、vj hojiくん、DJのhuman error works、ローライフサーファー智くん、live paintingの檻之汰鷲、HAMAちゃん、そんでFOODのぐりとくら、そしてそして、中野heavysick zeroのミホさん、カネやん、ふじいさん、みんなみんな……
ホントにありがと~~~!!!!
hanaa
noen
netayoi
binbos
korakora
kokokokora


もちろん、live paintingの方もいい具合になり。。

hama
iiygfd



そして、DJのお二方もどえりゃー気持ちイイ空間作ってくれました♪
hgftykl
hyhjuik


他にもたくさん、たくさん、感謝の言いたい人、いるんだよ~~ぉ!でも言い切れないんだよ~~!
そんくらい色んな人に支えられて、いいグルーヴのパーティになりました。。。
最高に嬉しかったぜ~~!!!


出てくれたアーティストも、みんなスゴいライブを披露してたし☆

花&フェノミナンやブルースビンボーズは、オイラが名古屋から東京に流れてきて、ホントに出会えて幸せだったバンドだし、no entryはオイラの嫁さんのチクリンの友達っていう繋がりで出てもらったんだけど、バンドの完成度にホントに驚いたし、気持ちイイ空間の創り方とか、すごく触発されるとこがあった!
それから知久くんも、初めてライブを観た時から「独りでこんなスゴい世界観を創ることもできるんだぁ!!」と感動して、今回どうしても出て欲しかった人だし、ねたのよいに関しては、今年一緒にツアーしてきて、間違いなくもっとも一緒にライブしたバンド、そんで高円寺周辺で普段から一緒に遊んだりしてる最高の仲間!これまた絶対出てもらいたかったんだ~~~!!!



なんか、ちまたじゃCDが売れないとか(アメリカのタワレコ潰れたりとかね。)自分の部屋で好きなアーティストのライブもインターネットで見れたりとかでライブハウスに行かなくなったりとか、色んなことが言われたりするんだけど……
まあ、オイラたちはこんな感じで自分らが好きなアーティストとか呼んで自分らが底抜けに楽しめるパーティを作ったりして、そんなことくらいしかできないんだけど、そこには自分らがホントに気持ちよくなれる音楽があるっていう自信はあるし、今回フードもライブ・ペインティングも最高だったし、DJもヤラれる音を奏でてた。

そうやってちょっとしたお祭り、パーティなんかを、オイラたちにとったらオアシスみたいな空間を、色んな人が開いていったりすれば、きっとオイラたちが音楽やってる場所もどんどん気持ちいいグルーヴの場所になっていくと思う。
世代や音楽性の相違なんかも全く関係ないし。みんながやればいい!!!
そうみんなが!

今回イベントを企画して改めてオイラたちはそんな仲間に恵まれてるなぁぁ、と思った。




みなさん、何度も言うけどホントにありがとう!!


そう、われわれKORAKORAのレコ発ツアーもいよいよ大詰め、来週はついに滋賀&京都にてライブですぜ~~!!!
オレも大好きなLOVED LOVEDと一緒にライブができる~~~~!!!!

滋賀&京都方面のみなさん、来週会いましょう~~!!
ヨロシクね~~☆


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今日は、レビューっていうか、自分らのイベントの後だし、手前味噌なんですが、われわれKORAKORAのライブの映像を。。。




レコ発の少し前にやった、高円寺駅前での路上ライブの模様です。

また来年早々、1月にも路上ライブやる予定なので、みなさんお誘い合わせの上、お越し下さいましっ!!!

スポンサーサイト

ついに!!!!

ついに今週、東京でのレコ発ライブ!!!!

11月23日(火曜・勤労感謝の日)

@ 中野 HEAVYSICK ZERO

KORAKORA PRESENTS『マゴット・ハーベストVol.6』~KORAKORA ニューアルバム発売記念~


kora1123


<出演> 
  KORAKORA(+VJ HOJI スペシャル・セットです!) / netanoyoi / 知久寿焼 /
 花&フェノミナン / ブルースビンボーズ / no entry

〈DJ〉
HUMAN ERROR WORKS

〈LIVE PAINTING〉
HAMA / 檻之汰鷲

〈FOOD〉
ぐりとくら


open/17:00 start/18:00   \ 2,000+1drink
中野・Heavysick ZERO (TEL 03-5380-1413)


いよいよ東京でレコ発ライブ!!!!
お祭り気分でバカ騒ぎしよう、しようっ!!!!
イベント自体が早くスタートするので、早めに来てね~~☆
(しかも意外なバンドが最初の方だったりするので……)


素敵すぎる、長野india live!!

ははは~~いい!!

行ってきました、長野ライブ!!

ホントに楽しかったぁ~~♪

今回の長野ライブ、東京からはオイラたちKORAKORAと、石井明夫さんたち、バンド・オブ・バクシーと一緒に行ってきた。
呼んでくれたのは、モロちゃんとミッちゃん夫妻。
ホントに感謝、感謝ですっっ!!!あんなに楽しかったのはモロちゃんとミッちゃんのおかげ、あんたたち、最高です~☆

この日のライブは、けっこう多種多様なジャンルの音楽をやってる人が一緒になってて、オイラが普段あまり聴かないような音楽性のアーティストの人たちも出てて、それがホントにオモシロかった~~~。


まず、最初のバンドはTONEというバンド。けっこう轟音なところあり、ダークなところあり、オイラのツボなところが多い♪そして演奏力が高かったんだけど、後で聞いたらこの編成のして初めてのライブだったとのこと。スゴいなぁ~~!!


そして、なぜか飛び入りでMONGOROID SPOTTINGブルースビンボーズのサダくんが1曲だけ演奏する!(笑)

sssad
いやあ、これが即席バンドだったわりに、めちゃんこ踊れるナイスグルーヴだった~。フェラ・クティのカバー、「ゾンビ」を披露!!


その後、我らがKORAKORAのドラマー、アツシ率いるキチガイBROTHERSのライブ!(笑)

lljhggkjhddgj

長男のアツシと、弟二人とのユニット。めちゃんこ不思議な音楽をやってました。。この兄弟にしかできない音楽!!??


そんでその後、INDICAというインストバンド。これがまたウマい!!

lっkj

3ピースなんだけど、3人でやってるなんて思えないほど、音が厚かった。
ギターの人が色々やってるし、ベースの人とドラムの人のグルーヴもめちゃ気持ちよかった~☆

そしてそして!我らがバンド・オブ・バクシーだぁぁー!!

ldfgyyyhd
やっぱし明夫さんはカッコいいです。。男のオイラが観てもそう思うんだからね。
この日はバンド全体がノッてたと思う。新しく入ったベースの西さんがまたイイんだよね~~!自分らのライブの前に否が応でもテンション上げさせられた~!


そんで間に自分たちのライブを挟んで・・・

大トリはTHE INRUN PUBLICSというバンドだった~~。
これがまたカッチョ良かった~~!!

klpiu

音はめちゃんこテンションの高いR&Rって感じで、そこに乗るボーカルの人の唄が良かったんですわ。
唄がしっかり聞こえるっていうか、聞こえてくる歌詞もまた渋くって、一発でオイラのお気に入りです!!


そしてこの日のDJもめちゃんこヨカッタんだよ~~!終始気持ちイイ音を注入してくれててさ!


とにもかくにも、この日1日、ずっと気持ちイイ感じでここのライブハウスに居られた~~!
それはひとえにモロちゃん&ミッちゃん、そして長野INDIA LIVE THE SKYのみなさんのおかげです!!
いや、こういう風に色んな土地にライブしに行ってると、たくさんのナイスグルーヴの人たちに会えるのは、それだけで音楽やってて幸せであると言えるんだな~!

まぁ、なかにはちょっと難しい人と知り合うこともあるけど.・・・富山の村門とか(笑)(分からない人は以前わたくしが書いたブログ参照。。)いかん、いかん、ネガティブな要素は忘れないとね(笑)

いやぁ、今回の長野ライブは全てが最高でした!!ありがとうぉぉ~~!!
kkmknkm

最高すぎて、結局オイラは次の日の夜までミッちゃんの実家でご馳走になってしまったけど‥‥。サッちゃんなんて、さらにもう一泊してアツシんちに居たらしいからね(笑)


オイラ的にはもう一つ嬉しいことがあって。
それはKORAKORAを創った張本人とも言える、現在は長野在住のオグッちゃんとその奥さんのミドリちゃんがライブに来てくれたこと~!!

オグッちゃん、今度はゆっっくり飲もうぜ~~!!

みんな、みんな、ホントにサンキュ~~~!!!!


さぁぁぁ!!!
いよいよ、3年ぶりのKORAKORA企画、『マゴット・ハーベストVol.6』が来週火曜日に迫ってますぜ~~!!!
燃えるぜ~~~!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



eddiehazell

※ EDDIE HAZELL 『THE ESSENTIAL COLLECTION 1961~1976』(編集盤)

オイラが「エディ・ヘイゼル」のCDのことを書きたい‥というと大体、P-FUNKのあのエディ・ヘイゼルだと思われる。

けど、このエディ・ヘイゼルは、ジャズギターの弾き語りスタイルで、知る人ぞ知る現役ミュージシャン。

この人の唄とギターで、スウィングしまくる感じがカッコいいんだよ~~!!
50年代からやってるだけあって、バップの影響バリバリの曲も多いんだけど、このCDは編集盤で、もう少し後のボッサぽい感じのだったり、しっとり系の曲だったり、色んな方向性の曲が聴ける。

1曲目の「PICK YOURSELF UP」から度肝抜く演奏だよ~。
なんせこの曲なんてベースとギターの二人だけでスウィングしてるからね~~。スゴいよね~~!!

この、ギター&ベースだけのデュオの編成はこのアルバムでも何曲か入ってる。
どれも危機ごたえ十分!!

‥‥かと思えば3曲目「MONICA」のような流麗なジャズ・アレンジの曲もやってるし。
この辺の曲は唄も聞かせるよね~。


あの有名な「THE SHADOW OF YOUR SMILE」もやってる。言わずと知れた映画「いそしぎ」のテーマ曲ですな。
この曲を浪々と歌い上げるわけですよ、小川のせせらぎのような瑞々しいピアノも寄り添いつつ。。

でもでも。。このアルバムで一番オイラがテンション上がるのは、13曲目、「WALTZ FOR DEBBIE」なんだな~。
なにか、この辺辺り聞いてると、唄の感じがジョージィ・フェイムにも通じる。声とか、グルーヴ感がお洒落なんですわ!

その次の「SO DANCO SAMBA」(もちろんジョビンの。)も独特なアレンジ。いやぁ、ぶっ壊してる、ってわけじゃないだけど、ひら歌のところもスキャットみたいなので通しちゃうしね、変だよね(笑)


急に寒くなったこんな夜に、エディ・ヘイゼルの声はグッと胸に沁みるので、みなさんにもお薦めですぜ~~☆



明日・長野にてライブ!!

はいはい、明日はめちゃんこ楽しみな、長野でのライブですぜ~~!!!

11月13日(土曜)!長野 INDIA LIVE THE SKY!!

nagano-live


モロちゃん&ミィちゃん、そしてKORAKORAドラムス・アツシも企画に参加してるのかな!?
とにかくモロちゃん&ミィちゃん、ありがとぉ~~~!!楽しみだぜ~~!!



いやぁー、今週もイロイロありましたわ~。。

まず、先週金曜日は国立地球屋にて、ダモ鈴木さんのライブで、セッションしてきたぜ~。

とにかくこの日はお客さんがめちゃくちゃ入ってた。。

オイラたちも(わたくしネギと、ユウキと、TOMOさんの3人+ダモさんのセッション)すごく気持ちイイとこまでイケタし、この日出た他の人たちもすべてスゴいことになってた。。

K-BOMBくんにも音でぶっ飛ばされたし、ヒゴさんやラピスさんたちの組み合わせもさすがだった!(ドラムの人もメチャ良かったぁ)

またちょいちょいこんな完全フリーなセッションをどこかでしてみたいね~!!



そんで昨日は、横浜・月桃荘に、アダチさんに会いに行ってきました~。
アダチさんはオイラたちKORAKORAのアルバムでエンジニアをやってくれた人☆
めちゃめちゃナイスガイなんです♪

そんで、オイラたちのアルバム『SARAVA!!』ができてからそのアルバムを渡しに行ってなかったので、関内まで行ってきやした~。

そう、そのアルバムのレコ発もついに再来週ですよ~。

kora1123

ちなみにその後、月桃荘の店長さんとオイラのお友達の野村けいちゃんも合流して飲んでやした☆

そんで最後はいつも通り、高円寺だちびんでけいちゃんと3時過ぎまで飲んでた~!
最近だちびんよく行くぜ。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


mangeira

※CARTORA『愛するマンゲイラ』(1977年作)

明日、わしらKORAKORAは長野でライブ‥ということで、車の中で聴きたい音楽を!

このCARTORA最晩年のころのアルバム、かつてめちゃんこヘビーローテーションで聴いてた。
音楽的には底抜けに明るい感じと、どこか哀愁を感じるカルトーラの唄・・・

考えたくもない考え事が頭を渦巻いてる時に聴くには最高のアルバムだと思う。

1曲目「愛するマンゲイラ」でグイグイ踊らせておいて、3曲目の「囚われの心」でグッと切なく迫ってくる。。

どうか!どいうか、4曲目「うちひしがれて」とか、7曲目(名曲!)「詩人の涙」辺りは、声に出して一緒に合唱して欲しいとぞ思いまする!!!

この「一緒に合唱する」って感覚が重要だよね、ブラジル音楽では。

ブラジル系のライブ行くと、ほぼ全員のお客さんが合唱するシーンとかよく見るもんね。

やはりカルトーラはそんな曲の宝庫です☆


そんでは、そんなサウダージな感じを胸に秘めて、長野にいざ行ってきまーす♪
楽しみ~!


路上ライブ!!1周年!!

11月7日つまり本日!!!

15時半くらいから、高円寺駅南口の広場にて!!!

われわれKORAKORA、路上ライブしますよ~~!!!

もちろんフリー・ライブ!!



この路上ライブも、隔月で始めて、ちょうど1年!!!

1周年ということで、再び高円寺に戻ってライブですぜ~~!!!

ぜひ遊びにきてね☆

波照間島のムシャーマ!!

はい~~、いよいよ冬っぽくなってきたね~~。

こないだの土曜日は、初めて国分寺のモルガナってとこでライブしてきたよ~~♪

llkhgff

※写真は、この日の対バンの一つ、鼎のライブ☆
和太鼓とベース、それからディジリドゥっていう組み合わせが面白くて、そんでも音は
すごくタイトなダンスミュージックだった~!気持ちよかったぜ~。

この日はそれ以外にも、呼んでくれたバラさんが急遽ドラムスで参加することになったバンドも面白かったし、一番最初の人たも独特の世界観だったのだ~。。。アンビエントっぽくもあり、フリージャズっぽくもあり。。

呼んでくれたモルガナのバラさんにはホント感謝!!!!
またイイ出会いがあったなと、嬉しい気持ちで帰りましたぜ!!
ライブ終了後にみんなで飲んだけど、モルガナの人みんな面白い人たちでした~~、ありがとう~!!




そんで、月曜日は鵺院企画の、「キメラ座」ってイベントに、新大久保EARTHDOMに行ってきやした~☆

hgfdddh
※この日の企画者、鵺院のライブっす!!

鵺院みたいに、自分らの先輩方が猛烈なライブやってたり定期的に企画やってたりするのを見ると、こっちも気合いが入ってくるっつーか。。自ずと「ワシらもやらなあかん!!」って思うもんね。。

この日のライブも最高だったよ~♪
なんせ、鵺院は来年出産予定のアルバムをレコーディング中らしく、そりゃぁバンドの音も締まってきますわね☆
カッチョよかったー!!



オイラは今週、波照間島の唄者、後富底周二さんのライブに、高円寺うりずんに遊びに行ったりしてたよ~~ぅ。。

波照間島のムシャーマっていう独特な祭りを高円寺で再現しようって企画で、これがあんた、面白いのなんのって。。。

言葉で言えないので、写真で受け取ってください(笑)
syuuzisan

eedredejijijikjij
mmkmmmnkannkan
mmmmmmnbcccxcd





その、後富底周二さんのライブは都内でまだまだ今週中、来週にかけて周ってるので、行ける人はぜひ!!

syuuji



そして、そして!!!

オイラは明日、国立地球屋にてライブしますよぉ~~!!!


この日は完全、即興セッションです♪

オイラの回は、お相手が元桃鏡のユウキと、ハーディガーディという楽器奏者のTOMOさん、そしてダモ鈴木さんでーす!!!

damosuzuki


他にも、THINK TANK のK-BOMB、渋さしらずなんかでもベース弾いてるヒゴヒロシさんも出ますぜ~♪

絶対来たら面白いモン観れるよ~~☆


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

supernova

※WAYNE SHORTER 『SUPER NOVA』(1968年作)

言わずと知れた、ウェイン・ショーターの狂気的な部分を全面に出した名アルバム。
そう、この音源は、ショーターの作品中、最も狂気的であるとよく言われる。

なんか、インターネットでいろいろ見てると、このアルバムと、同時期に録音したマイルスの『ビッチズ・ブリュー』をよく引き合いに出されるらしんだけど…

ワシの中ではハッキリ言って、ま~~~ったく別物!!!

そもそも、マイルスのエレクトリック化していってアバンギャルドな作品出してた頃の音楽と、ショーターのこの『SUPER NOVA』は、根本的に違う狂気性だと思う。

ショーターっつーのは、このアルバムの曲聴いてたら分かるんだけど、芯はメロディアス。
それも、ミルトン・ナシメントとの共作で聴けるように、カラッとした空のようなメロディスト。

そんでもこの音源には、彼の独特な闇みたいな、おどろおどろしい世界観があるわけですよ。

1曲目の「super nova」からアクセル全開、ぶっ飛んでますわ!
また、ソニー・シャーロックのギターがキチ●イっぽさを増幅させてるんだよね~~。
でも、この曲にはキチ●イっぽさだけじゃなくて、スピード感があるんだよね、爽快な。

3曲目、おなじみジョビン作の「DINDI」がどんな風に料理されてるか、ぜひ多くの人に聴いてもらいたいっす☆
カオティックな世界から突然顔を出す美しい旋律。。

そうそう、このアルバムにはアイアート・モレイラとかマリア・ブッカーとかのブラジル勢が参加してるのも、他のアバンギャルドな音源とは一線を画すとこだろう。
なにか、ブラジルの60年代とかの実験的なミュージシャンの作品にも通じるっていうか。。
以前、ここで書いたことのある「LULA CORTES&ZE RAMALHO」のアルバムとかのね、あの匂い。

そうそう、このアルバムでミロスラフ・ヴィトウスがベースで参加してる影響もデカイ。
ヴィトウスのベースって独特なリリシズムがあるような気がする。
んで、男らしくてカッコいいんだよね。

6曲目「more than human」もそんな格好良さのある曲。
ヴィトウスのベースがループするベースラインを弾き始め、それに遅れて入ってくるソニー・シャーロックのかき鳴らすギターもイイ感じなのだわ~。この狂った感じ、最高だわ~。



とまぁ、今日はなんで、こういう疾走感のあるクレイジーなアルバムを聴いてみたかったかというと、そう、狂気的なものを聴きたい気分だったから(笑)

秋の夜長だからって、しずか~~~なジャズばっかし、聴けないです!!










KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

neg1

Author:neg1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク