突然の寒さに、リボー。。

いやぁ、急に寒くなってきたなも。。
しかし!
こないだのDOMスタジオでの『高円寺フリーダム』は熱かったぜぇぇ~~!!

このイベントはDJ doppelgengerこと、元ちゃん!
もう3回目かな?

いやぁ、今回もぶっ飛びのイベントだったよぅ!!

例えて言うならこんな感じ。。

kddhk

これはDOMスタジオのG-スタの方のVJね。

zsxfhk
ljdare
frszdfh


いやぁ~、オイラたちもめちゃんこ楽しいライブができやしたっ!!
元ちゃん、ホントにありがと~~!!!
元ちゃんのDJも最高だったぜ!!

kjgf

結局、朝7時くらいまで居たわぁ~~。。あー、マジ楽しかった☆



そうそう、実は最近、11月23日のKORAKORA企画、『マゴット・ハーベストvol.6』に出てくれるアーティストのライブにもよく行っておりやす!!!

kora1123

まず、先々週は国立地球屋で、知久くんのライブを観てきた~☆

やっぱりさすがって感じ。。
唄とギターで(ときどきウクレレ)、色んな物語をみせてくれる音楽だな~っと思った。
独りでやってるんだけど、その唄の世界観は深かった。ずっと聴いてたいような、そんな感じ。

心の最近使ってなかった場所に、響いたんだよな~~!ホント。。



それから、これまた11月23日に出てくれるブルースビンボーズのライブも観てきた!
場所はこれまた国立地球屋。(最近入り浸ってます、笑)

njvgcfh


ブルースビンボーズのグルーヴはやっぱしスゴイね。。
Pちゃんのギターにはいつもヤラれます。。でも、ヤチさんのリズムギターもかっちょイイんだよね~~。。




オイラたちKORAKORAもガンバラねば~~!!!!

………というわけで、今度の日曜日、オイラたちもライブでっせ~~!!

kokubunji

10月31日(日曜)
@国分寺MORGANA

<出演> 
 鼎 / KORAKORA / secretbird/topping bottoms…

  open18:00 start18:30 


ADD\1500 DOOR \1800


ハロウィーンですぜ!!楽しもう!!



mklhf

※高円寺だちびんにて!わが息子にちょっかいをかける、チャーミー!働いてますね~~~!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


marcribot

※MARC RIBOT y LOS CUBANOS POSTIZOS 『THE PROSTHETIC CUBANS』(1998年作)

ちょっと、今日は冬のような寒さということもあり、マーク・リボーのニセ・キューバ人たちバンドのアルバムを聴いている次第なのだ。

いや、実を言うと、それだけがこのアルバムを引っ張り出してきた理由じゃなくて、実は、来るんだよね。
しかもオイラが日本のアーティストの中でも1,2を争うくらい愛している矢野顕子と一緒にやるんだよね~。


このニセ・キューバ人たちのアルバムまでは、オイラもマークリボーさんのことは「ちょっとイッちゃってるギターを弾く人」ってイメージだったんだけど、このアルバムを聴いてから、真剣に彼の音源を聞き始めたのだった。

いや、まぁ、このアルバムも純粋にキューバ音楽に即した音源集…っていうよりは、やっぱりそこはリボーさんがやっているので、一筋縄ではいかない仕上がりになってますわな。

全体的にいい意味でレイドバックしてるっていうか、なかなかこの感じのダンス音楽を日本人には表現できんだろうね~~。本気でそう思うわ。。
リボーさんのギターのトーンもところどころでオモチャのギターか!…っていうくらいチープな音色だったりして、やはりフリー系ミュージック・シーン出身の匂いはそこここにするんだね~!

しょっぱなの1曲目から、この渋さを聞け!!
なんとも言いがたい、いなたさがあるんだよね。。それでいて妖しげ。。

そんでオイラが大好きな、このアルバムで唯一のオリジナル曲の4曲目!!
リボーさんのギターがカッチョいいんだわ~~!!

5曲目のリボーさんのギターのスケールアウトの仕方とかも、最高にスリリングだと思う。
こういうとこのセンスは見習いたいよね~~。



う~~~ん、12月のライブ、やっぱし行きたいね~~~!!!!!!












スポンサーサイト

高円寺フリ~~~ダム!!

今夜、高円寺のDOMスタジオで、おなじみ、《高円寺FREEDOM》ですぜ!!

freedom1


freedom2


もうおなじみでしょう、今回もすっとびぶっとび、朝までランチキしましょう~!!




今日その《高円寺FREEDOM》が行われるDOMスタジオで、はじめてハタナカ君と会ったんだったね。

africa-brass

ハタナカ君がやってたGAS CHAMBERってレコ屋の店内でコルトレーンの「africa/brass」を聴きながら、「ぼく、コルトレーンはレコードだとこれしか持ってなくて…」なんて彼は言ってた。

そんで、「じゃぁ、他の音源、いろいろ持ってくるよ~」とかってオイラは言ってたのに、結局そのまんまになってた。


レストインピース、今夜はDOMでライブです。

いわきLIVEと、のらセブンLIVE!!

まとめて一挙に今週のNEGI日記だぜ!!グフフ!!!


まずは、行ってきただよ、いわきへ!!
netanoyoiと一緒に、いわきCLUB SONICでのライブ!!!

今回もコンドさんが、劇的に美味い鍋を用意してくれてた~~!!
コンドさん、ホントいつもサンキューですっ!!!

jfskjっfkfd

※三ヶ田圭三BAND!!パーカッションが、我らがコンドさん!三ヶ田くんもいつもありがと~!!

lk
※CMTのライブ!!オイラの勝手な解釈だけど、ポーティスヘッドMEETSスマパンって感じの音で、最高にクールだった~!!

hdewyhg
※そしてnetanoyoiのライブ!!最近のライブは猥雑かつぶっ飛んでる!マジよ。

fdskhgf
※BAND OF ACCUSEのライブ!!前回一緒にやった時とはまた別の角度からモッテかれた!ギターレスながらその疾走感は最高!

bvcx
※そんで大トリ、LATESHOWのライブ!!気持ちイイ瞬間が何度もあったぜ~!


全てのバンド、アーティスト、気持ちよかったです!
club sonicのスタッフのみなさん、ありがっと~!!
そしてそして、コンドさん&三ヶ田くん、マジでアリガトウです!!


最終的に、打ち上げで美味い鍋、酒で、サッチャンもこの通り撃沈(笑)

rswdghu
tdru
saw

最高のいわきライブだった~♪

ntfv
kjhd



そんで、昨日は高円寺ペンギンハウスにて、のらセブンFINAL LIVE!!

のらセブンのボーカルのシゲさんがヨーロッパに旅立ってしまうらしく、この日が最後の(!??)ライブらしい。。
実は、KORAKORAのドラムのアツシは、東京に住んでる時はこののらセブンでもドラムを叩いていたのだ!!

以下、10月15日の高円寺ペンギンハウスでの、のらセブンのライブだ!!

kjhflofe
fdewdwa
yrsg





オイラたちが以前、国立の地球屋で華村灰太郎さんと一緒にやった時に、シゲさんがKORAKORA全員の似顔絵描いたくれたんだよね~~☆

kora-nigaoe


この日のライブも最高に楽しかったので、サッチャンが興奮して、netanoyoiのイギさんの御手をベロベロ舐めまわしてましたわ☆ナイスっ!!

lokijh


のらセブンの皆さん、お疲れ様でした~~☆
そして呼んでくれてありがとうっ☆
シゲさん、気をつけて行ってきてくださいね~~!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


can-soon

※CAN「SOON OVER BABALUMA」(1974年作)


はい!ここで宣伝なんだね~(笑)

実は来月、11月5日に地球屋の元CANのダモ鈴木さんと一緒にセッションすることになったのだ。

can

詳しくは、KORAKORAのホームページで見てね♪

そんで、そんな訳でCANの1974年に出したこのアルバムを引っ張り出してみた。
実は、オイラ、「FUTURE DAYS」も「Ege Bamyasi 」も好きなんだけど、このダモさん脱退後のアルバムを一番聞いたかなぁ~。

まぁ、なんせスカスカのサイケ・サウンドですわ。
いや、スカスカなのにカッチョいいのよ、これが。

ミヒャエル・カローリがギターじゃなくバイオリンを多用してるのもスカスカ感を一層引き立ててるのかもしれないけど、だからこそ狂気性が前作より出てる気がする。

1曲目「DIZZY DIZZY」からその狂気性は全面に出てる。
この曲でのカローリのボヤァ~~っとしてボーカルもいい味出してるな~。

そんで、オイラ的にはCANの曲の中でも1.2を争うほど好きな曲、3曲目「SPLASH」!!
ダンサブルで、それでいて怪しくて、最高です。。
俗っぽい言い方すると、現在のジャンルレスなアブスト系DJの人も、いわゆる「使える」曲だと思う。

その他にも、11分にも及ぶ、「CHAIN REACTION」も圧巻だがね!


この、ダモさんが抜けた後のアルバムを聞くと、尚更CANというバンドの、バンドとしての強靭さに圧倒される。
いやぁ、オイラたちもこれくらい圧倒的なセッションにしたいねぇ~~!!!
こうご期待!!


本日なんですが☆

いやぁ~~、いわき行ってきましたぜ♪
netanoyoiと一緒に☆

ああぁぁー、ここ最近のこと、いわきのこととか、色々書きたいんだけど、
とりあえず、本日10月15日のライブのお知らせさせてちょ~~!!!


10/15(金) 『ラスト・フライデー~さよなら~のらセブン』
          
          @高円寺ペンギンハウス
         《出演》
         CRACKS&RABBITS , kORAkORA ,虹色のフラリ , 華村灰太郎 , のらセブン
         
         open 19:00 / start 19:30


すんません、ばたばたしちゃって告知しか今日はできん~(汗)!!

今日暇で、高円寺ぶらぶらしてる人は遊びに来てね~~♪
ヨロシクです☆

penguin



詳細決定!KORAKORAレコ発ライブ!!

ほほほ~~いっ!

ついに明日ですぜ!!いわきライブ!!今回もnetanoyoiと一緒だよー!!

clubsonic

企画してくれたコンドさん、いつもアリガトウですっ☆
お近くの人はぜひ遊びに来てね♪せっかくの連休だしね♪



そして、この後もKORAKORAのレコ発ツアーは続きますっ!!

そうそう、一部のオイラたちのフライヤーに載ってるんだけど、12月3日、富山の村門っていうハコでライブやるって書いてあったと思うんだけど…
すんません、その富山の村門でのライブは無くなりました~。。
まぁねー、色んなお店があるからね~、しょうがないんだな、イロイロと。。
ツアーしてると楽しいお店ばっかりだけど、まぁ、たまには、ね、色々と独特のキマリのある店がね、まぁ、ね。

でも、その代わり、12月3日、4日の二日間で、滋賀&京都のライブが決まったぜ~、イエ~ェイ!!!
詳しくはKORAKORAのホームページから、ライブ情報を観てくださいまし!!

まぁあね、気を取り直していこう(笑)
なんせ、明日は楽しみないわきライブだし、来月は石井明夫さんたちと一緒に、モロちゃん企画in長野ライブ!!!…だしね♪
楽しいツアーは続くぜ~♪

そしてそして…
ついに詳細決定!!!
11月23日、KORAKORAレコ発ライブ!!!

in中野HEAVYSICK!!!


korakora1123



<出演> 
KORAKORA / netanoyoi / 知久寿焼 / 花&フェノミナン / ブルースビンボーズ / no entry

open/17:00 start/18:00

メンツも最高でしょう。。。
この日は祝日だから、思いっきり楽しんでくださいな☆


あ~~あ~~、これからなにかと忙しくなって……海に行けないのだけが気がかりだぁぁ~~~(泣)
落ち着いたら千葉の海にゆっくり行きたいもんじゃ!

ころころころ
kohf

※写真は先月の、とある日曜日の由比ガ浜海岸です。


それでは、明日、福島いわきライブ、netanoyoiと楽しんできまーす!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

albertayler

※ALBERT AYLER 「LIVE AT GREENWICH VILLAGE」(1967年作)

なんだか、ドロドロ、グチャグチャ、それでいて美しいジャズが聞きたくなって、このアルバムを引っ張り出してみた。
アルバート・アイラーの1966年のライブ演奏を収録したこのアルバム。

何度聞いても、「美しいカオス」なんだよな、オイラにとっては。
ただのカオスだけで終わってないとこが、個人的にはアイラーの好きなとこなんだわ。

しかも、アイラーのサックスの音って、なんかそれ自体がもう、おどろおどろしさと、美しさが交錯してように感じるんだよね。テルミンっぽいっつーか。。。

1曲目「FOR JOHN COLTRANE」から、そのアイラーの独特の世界観が全開に繰りひろげられてる。
この曲でのサックス、ベース×2、チェロっていう編成が不思議な浮遊感をかもし出してる。

オイラ的にはなんと言っても、3曲目「TRUTH IS MARCHING IN」が心躍るね♪
いや、決して楽しい楽しい、って感じの曲ではないんだけど、この曲の民謡っぽいところを、アイラーのサックスと、トランペットの絡みが強調してるという感じが、なんとなくテンションを上げるんですわ。

この曲のテーマっぽい部分が終わってからの、豚のいななきのようなフリーキートーンも、逆にその刹那な美しいフレーズを引き立てる要因なような。カオスの中から紡ぎ出される野花のような可憐さが、どことなくあるのだ。


こういう壮絶なジャズを、土曜の午後に聞きたくなるのも、朝から降り続ける秋雨のせいなんかな。
たまにはこんなのも、いいもんですな。

若松孝二『キャタピラー』

すんません、すんません、パソコン壊れて全然更新できなかったでありんす!

とりあえず…先月末からのことを、少し!


fsljfg
※バーバーフィッシュのライブだよ~♪

まんず、先月末、国立の地球屋でバーバーフィッシュとライブやってきたぜ~☆
久しぶりに一緒に一緒にやったんだけど、オイラもさっちゃんも踊ったぜよ、やっぱし。
ちなみにボーカルのダイくんとオイラは同じ名古屋出身!祝ドラゴンズ優勝!


それから、それから、EARTHDOMにnetanoyoiのイベントに遊びに行ったり☆

glgjadlgjfjfgja
※netanoyoiのライブ。
少し趣向を変えて、いつもと違うアングルから♪

そうそう、netanoyoiとは今度の日曜日、一緒に福島、いわきのCLUB SONICというハコでライブしますぜ~~!!!

clubsonic

いわき周辺の方、ぜひいらっしゃいましっ!!
楽しい夜にしましょう~☆


それからねぇ~、先週は残念なことに、高円寺の赤ちょうちんという老舗の飲み屋さんが閉店ということで、そこにnetanoyoiのノディとイギさんとかと飲みに行っとりやした~。
このお店は高円寺のバンド系の人たちには、打ち上げ場所のメッカとして広く知られております。
オイラもイベントの打ち上げに使わせてもらったなぁ~~。



一昨日は一昨日で、渋谷クラブクアトロに沖縄民謡の大城美佐子さんと、その弟子のバンドのライブを観に、行ってきやした~。

大城さんの唄は、バビロン極まりない渋谷のセンター街のど真ん中にあるライブハウスで聞いても、やっぱり心の深いところに染み入るものだった。。。
う~~ん、いつかオイラも自分の音楽をこんなにも深くて特別な感情を掻き立てるようなところまでもっていきたいものだ。。。

大城さんは正味1時間弱のライブだったけど、もっと聴きたかったなぁ~~~。。。



まぁ、ザッと、そんな感じのここ最近だったのである。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


caterpillar
※『キャタピラー』監督・若松孝二


実はこないだ、若松孝二監督の、『キャタピラー』を観てきた。
だから、今回は映画のレヴューを、ひとつ。

いやぁぁ~、凄かったです。

なんか、某新聞の映画評みたいなのに、「若松孝二の映画もずいぶん変わった」なんて書いてあったので、どんな風に変わったんかいな??…と思って映画館に行ってみたんだけど…。

うん、オイラ的にはこの戦争映画(というカテゴリーに入るであろう映画)を観て、逆に若松孝二監督の一貫して変わらないところがクローズアップされて見えたというか。

この映画のパンフレットで、田原総一郎が「究極の反戦映画」と評してたんだけど、もちろん反戦的な要素もあるんだけど、人間のダークサイド、人間の深いところに渦巻いてる有象無象を若松孝二のやり方で強烈に表現してる作品だと思った。

手足が無く、耳も聞こえず、話すことも出来なくなって戦地から帰ってきた夫と性交してるシーンを繰り返し、繰り返し、みせる。

乱暴に云ってしまうと、それは、初期の作品、「胎児が密猟する時」なんかで繰り返しSM的な映像をループして見せつづけて、受け手に人間のダークな部分を強烈に印象付けるのと同じ方法論だと。

そして、そうやって搾り出した人間のダークサイドは、観るものを圧倒する。
「何故人間はこんな狂ったとこまでいってしまうんだ!?」

だからこそ、究極の反戦映画、ってことになるんだと思う。

とにかく、色んな意味で強烈な映画だった。
ホント、それに尽きる。





KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

neg1

Author:neg1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク