上野・グルーヴィン☆

いやいや~~、ねた祭、熱かったですなー!!!

netaura

8月26日、この日は上野がグルーヴしまくってたね~~!

nu
鵺院のライブ!!

前回「ねた祭」が行われたのは、一昨年のこと。。

あれからもう2年かぁ~~…と感慨深くなりましたわ。

やさぐれも、鵺院も、WATERBED も、最高にグルーヴィーなロックをまき散らしてた。



そんで、この日のホストのnetanoyoi!!

hduad

いやぁー、本当に心からお疲れさまでしたと言いたい。。
ものすごい暑さの中、動き回って、イベントの大トリも見事にこなして、いやー、頭が上がりません。。

オイラはオイラで、ねた祭を楽しみすぎちゃいまして、会場で酔っ払いすぎて、命からがら高円寺まで帰ったのはいいんだけど、高円寺駅の北口広場で力尽きて寝てしまって、危うく次の日のバイトも駅前から出勤するところだったがや~~☆

最高の祭りをありがとーっっ!!!

netanoyoi
とは、9月10日、11日、12日と、関西ツアーも一緒なので、めちゃんこ楽しみだぜ~~~!!!



そんで本日!!!!

阿波踊りで沸く高円寺にて、恒例の「cosmo」ですぜ!!!


8月28日(土)高円寺スタジオDOM
【COSMO21】
ねたのよい/netanoyoi,KORAKORA,CIDE,CxB,NATAS.
STINKY,CROSSFACE,JUNXPUNX,NAGOMI,PADLOCK,DARGI
SUICIDE MAD PUNK,GELZ,スピノザ,G.B.R,TOMOYA.W,
HARDCORE DJ IIZAWA,TOKYO BAD TRIP,満月倶楽部,&more...
入場料800円
START20時~(翌日5時まで)
杉並区高円寺南4-25-7 五明堂駅前ビル3F・4F
TEL 3318-3469


ちなみにオイラたちは深夜0時予定ですよ~~!ヨロシクですっ!!


そうそう、NEW ALBUM 、聴いてねー☆
ただいま全国のCDショップ、AMAZONにて絶賛発売中!!!


obi


新宿のタワー・レコードで視聴もできるみたいでっせ~~!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

sivuca

※ SIVUCA 「SIVUCA」(1973年作)

なんか、ここ最近ホントに外に出るのがおっくぅになるくらいの暑さが続いてるので、なんとなく涼やかなブラジルものを聴いてみようと、シブーカのこのソロ・アルバムを引っ張り出してみた。

シブーカとは、ブラジルを代表するジャズ・アコーディオン奏者。
まぁ、ジャンル的にはジャズ、ボサノバ、フュージョン、ブラジルの北東部の音楽なんかのミクスチュアーって感じなのかな。

なんにしろ、「ブラジルもの」って聞いて想像する音よりも、このアルバムで聞かれる音楽ももっと欧米的なグルーヴィーさがあるかな。(このアルバムは録音場所もアメリカだ。)

1曲目の「adeus maria fulo」からメロウでグルーヴィな雰囲気で心地良いのだ。

でも、踊れる、使える、ていう意味ではなんと言っても4曲目「PONTEIO」だね~。EDU LOBO作の楽曲をナイスなアレンジで聴かせてる…!!

もともとこの人はアコーディオン以外にもギターやらビリンバウやらと、さまざまな楽器を使いこなせるので、トータル・サウンド的に洗練されてるな~~と思う。まぁ、その辺はアメリカ録音っていう要因もデカイとは思うけど。

5曲目から6曲目「VOCE ABUSOU」の流れも大好き!
5曲目でシブーカは自身の弾くアコーディオンに寄り添うようにスキャットも聞かせてるけど、このスキャットも彼の魅力の一つ。
6曲目はジョビン&ジョカフィのカバーですぜ!!

また、8曲目にBILL WITHERSの「AIN'T NO SUNSHINE」をやってるとこも注目でしょう。


なんか、そうやって書いてるとものすごくクラブ的に使えるグルーヴィー・チューンばっかりかと思いきゃ、7曲目「若い恋のはかなさ」みたいな切ない曲もあるからねー。
この曲は、昔のルパン三世の挿入曲にもなりそうな、そんなあの当時のニオイがぷんぷんするメロウ・フュージョンって感じ(笑)
こういうとこがシブーカって人が一筋縄じゃいかないとこだろうね。


こんな、メロウに踊れる音源をカーステレオにぶっこんで、貴方もこの夏の終わりに海でも見に行きませんか…?(笑)なんつって。



スポンサーサイト

ついに明日!!!

ついに明日、全国発売ですぜ~っ!!!

shin-fryer

8曲入りで、50分24秒!!!

給料日に発売ってのがいいでしょっ!?(笑)

むすこ




そんで、そんで、ニューアルバム発売して最初のライブが、今週木曜日の『ねた祭』!!!

netano-sai

これだけのメンツで、完全フリーライブなので、見逃さないように~っ!!!!





狂った暑さ・デス!!

今年の夏は、狂ったみたいな暑さのなか、これまたクレイジーなイベントに参加したりしてた~♪

まずは、昨日!!!

クレイジーな祭り、『なんとかフェス』に今年も参加しましたぜ~!!

いや~~、このイベントはバカっぽさが最高で、とにかく色んな面白いこと(ヒト?)に出会える祭り。。

オイラたちも気持ちよくライブができますたっ!!!

じぇ
オイラたちの次に登場したジェロニモ・レーベルのライブ!

あ、いや、オイラたちの次に元気イイゾーさんが少しライブやって、その後にジェロニモレーベルが登場したのか。
そう、どちらも底抜けぶっ飛びなライブでしたわ~。。
(元気さんの時に、KORAKORAのベースのタカジンは一生懸命シング・アロングしてました・笑)

さ
写真は、お手製のイモシチを作ってるサッチャン。
あまりの注文の盛況っぷりに、めちゃんこテンパってます(笑)


あさ
結局この日はオイラも朝までDJブースの方で踊ってた!!!
ホント楽しかったぜ~。
なんとかフェスの関係者の人、スタッフのみなさん、ミノブさん、ありがとう~~!!!
来年もマジで楽しみにしておりまする!!


そんで、その数日前には高円寺・稲生座にてHOUSE OF GREENとライブだった~!!

ぴt
この日のハウスのライブはめちゃ気持ちのいいグルーヴをまき散らしてた感じ!

平子ちゃんの唄も気持ちよかったし、バンドのまとまりっつーか、高いとこまでいくプロセスが独特だった。。
こういうバンドはなかなか居ないと思うな~~。

誘ってくれた平子ちゃん、ありがとーっ!!!次回はオイラたちが誘いますぜっ!!


さらにその前の日はCHELSEAさんの追悼ライブ、in新宿LOFT!!

ぉ
大トリ、DEATHSIDEのライブ!!!!

もう、DEATHSIDEの時はバー・カウンターの方でやったので、真近くで見ることはできなかった~~。。。
しかし大きいステージの方で、スクリーンに映し出された映像で大いに楽しむ!
十代の頃に心ときめいたあのリフが弾きだされるたびに「ウオ~~~っ!!」ってなるな、やっぱし。

特に、この日の追悼イベントは鉄アレイでぶっ飛ばされた。。。マジでカッチョよかった。。
いや、カッコイイって言葉が軽すぎるくらい、別の場所にイッてた。。。

なんか、「明治神宮の湧き水なんとか」とか、「富士山の麓のなんとか神社」とかよりもよっぽどこの日のLOFTのほうがパワー・スポットだった(笑)
いや、でもマジにそんな感じだよ。




そして!!!
先週の木曜に観てきましたがね、映画『デルタ』!!

delta

この映画、オムニバスになってて、3つ目の「ハシッシ・ギャング」って作品に鵺院のドイちゃんが出演してるのです!!
「ハシッシ・ギャング」は、そのタイトルとは裏腹に、なかなかアッパーな作品だと思った。
いや、底抜けに痛快、っていうタイプのアッパーではなくて、闇のあるアッパー感。
その「闇のある」って部分に、大いにドイちゃんの演技が貢献してるな~~、と個人的には思った。
オイラの知らなかった才能だ。。。

1つ目の「誘惑として」って作品も、けっこう好きな雰囲気だった!
3つとも不思議な雰囲気の映画ではあるんだけど、どこかここではない何処かへ連れてってくれる、って意味ではこんなに的を得た作品は無いんじゃないでしょうか。

とにかく一度観るのをおすすめ!!

渋谷のアップリンクでやってまっせ~~~!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

bill

※BILL WARE 『SIR DUKE』(2001年作)

BILL WAREってバイブ奏者の人のアルバム。
その実、オイラも尊敬するギタリスト、マーク・リボゥとの双頭アルバム。

このアルバムは珍しくオイラも発売前に予約して買ったけなぁ~~。

マーク・リボゥ目的で。
でも、この二人の独特のバイブレーションで合ってるんだか離れてるんだかのセッションが本当に気持ちイイ!!

全曲デューク・エリントンの、デュークに捧げるアルバム。

マーク・リーボゥって、みんなアバンギャルド系のギタリストって認識で解釈してると思う。

でもここで聴かれるこの二人の紡ぎだす音は、極上の涅槃の音。
つまりこの上ない癒しの音世界ってこと。
スノッブな意味の「癒し」では無論、ない。

ただアバンギャルドな方向がイコール、突き抜けてる、って話でもない。

まさに、酸いも甘いも噛み分けた二人ゆえに可能な涅槃のセッション。

M-2の「I got it bad 」とか、M-3の超・超・定番の「In a sentimental mood 」とか聴いてみて!!
今年の狂った暑さがス~~~~~ット溶けていくから。

その他にも、もう何度と無く聴いたおなじみのメロディが、こんな解釈で演奏されるんだ~、って驚きの連続!!!

なんか、某大手焼肉屋さんチェーン店とか、お洒落仕立てな居酒屋さんとか、そういうとこで聞かれる薄利多売な心地いいジャズとは一線を画した、癒しのジャズ。そう、それでも癒される、ってことが深い意味を持つんだよね。(とかく日本は、ジャズすらもそういう薄利多売にしてしまって、コルトレーンやマイルスでさえ俗っぽいところでのみ語られがちなのは、百歩譲っても違和感がある・苦笑)
そう薄利多売。

これからもっとドンドンそういう方向に、音楽もいってしまうと思う。
なんせ、アメリカのタワーレコードは破産、今日のニュースで見たんだけど、渋谷のHMVも閉店らしいね。

オイラが少し前に仲いい人たちに予言してたんだけど、「これから、CD業界は破綻していく」って、まさにその方向にいってるみたいだね。。。


話は少し反れたけど、このデューク・エリントンのトリビュートアルバムで聴かれる二人の崇高なセッションを聴けば、まだまだCDなりLPなりでホンモノの音楽を探したくなるはず。

そんなことを考えてるうちにM-5の「It don't mean a thing 」での二人の静かながら、内包する熱さを感じるセッション。。いや、ホントに熱いんだわ。。

少し歪んだ感じの音色も、この二人の世界観にすごく合ってると思う。

そうやって聴いてると、超有名曲のM-7「Caravan 」も、あのテーマが弾かれるたびに「おおお~~~~っ!!」となること請け合い。

(まさに、DEATHSIDEの曲のリフで両手を挙げるのと、まったく同じ作用だ。。)

つまり、現代の音の会話になってるってこと。
ただのオマージュで終わってない。

気持ちいい夏の夜の気だるさと、このCDから聴かれるソレに身をゆだねてたら、あっという間にM-10「Sophisticated lady 」だ。
なにも言うことがないね、この曲の世界の中では。


もしも、このCDが見つけられなかったって人、人知れずオイラに声かけてください。
これは、気になる人にだけ聴いてほしい、特別なアルバムです。





急ですが!!

本日、稲生座にてライブですぜ~~♪

house

暑気払いがてら、遊びにおいでやす~!!!

25周年!!??

はい!
最近いろいろあったこと、書くでよ~。

まず、ちょっと前(いや、けっこうもう前になるか…??)横浜にFREAKY MACHINEの再結成ライブを観にいってきた!!!
場所は横浜のサムズ・アップってライブハウス。
netanoyoiのノディと遊びに行ってきたぜ~♪

なんか、この日のライブはテスト・ライダースっていう横浜のバンドの活動25周年(!!)をお祝いするライブだった!

free
※久しぶりに観るフリーキー・マシンのライブ!

フリーキー、やっぱしクソカッコ良かった。。客もめちゃんこ盛り上がってた。。そしてオイラも踊りまくってしまった。。。

test
※そんで、25周年のテスト・ライダースのライブ。

いやぁ、すごいなー、って思いましたわ。。
25年だよ!?スゴイよね。
お客さんも、オイラたちなんかよりも全然若い子達から、それこそテスト・ライダースの人たちと同世代な感じの人たちまで、年齢関係なくみんな踊りまくってて、楽しもうオーラがすごいんだわー。

思わずノディとライブ中に「ヤラレタね~!」って感じで、黙ったまま顔を見合わせて頷いてましたわ。。

このテスト・ライダース、音の方はカッチョいいブギー調の曲が多くて、しっぶ~いグルーヴが気持ちのいいロックンロールバンド。

なんで?なんで?
なんでこんなライブハウス全体に楽しい雰囲気が充満してるの!!??


この感じ、中央線沿いのライブハウスにも欲しいわ~~!!

誰か教えて!!!

中央線の普段やってるライブの雰囲気がどうやったらお祭りっぽい感じになるんだろうね。


……なんて話をしながらノディーと高円寺に帰ってきた。

う~~ん、ホント、あのパーティっぽい感じは羨ましいぜ!

そんで高円寺着いたら、駅前でスゲちゃんがマイクパフォーマンスしててお巡りさんに注意されてるとこに遭遇!!!
このギャップが高円寺って感じだよね(笑)


その次の日は次の日で、家族で葉山に行ってきたんだな。

to

夜は夜で、葉山のBLUEMOONでライブを観てきたんだね。

bl

BLUEMOONのブッキングなんかにも関わってる友達のネギちゃん(オイラと同名!?)にも久しぶりに会えて嬉しかったがな~。

ネギちゃ~ん、ジュニア誕生、おめでとう~!また遊びに行きます!



それから、先週は立川のA.A.companyで花&フェノミナンのアクさん企画、『ぬーの旅~サマー・パニック編~』!!

aakk
※このイベント主催のアクさんですぜ。

アクさんがボーカルをとるフラッシュバッカーズも3ピース・バンドらしいタイトなとこが前面に出てきて、いいバンドになったぁ~と思った!

オイラも急遽弾き語りで参戦。。。

『ヌートリアン祭り』のライブハウス編、『ぬーの旅』もガンバって続けてるので、ぜひ皆さん遊びに来てくださいまし!!
あ、次回の『ぬーの旅』は9月9日(日曜)、同じ立川A.A.comanyでやりまっせ~。
ぜひ来てちょ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

holger

※『MOVIES』Holger Czukay (1979年作)

言わずと知れた、ジャーマン・ロックの先駆的バンド、CANのベーシストのソロアルバム。

このアルバムには色々と思い出があるんだな~~。

オイラが東京に来たばっかりの10年近く前、恵比寿にあったオグッチャンという友達のお家で、ちょうどこのくらいの夏のさなかだったか、この音源を酒飲みながら聞いてて、「なんて夏にピッタリの、そしてお酒飲んでるこんな夜中にぴったりな音楽なんだ~!!」と思ったのだった。

それがこのアルバムの3曲目に入ってる「Persian love」という曲を聴いてる時のことだ。

ちなみに、オグッちゃんってのはその当時「DOEL SOUND SYSTEM」っていう伝説のDJ集団のメンバーで、そのオグッちゃんのお家がわりと溜まり場になってて、オイラもその部屋で色んな音楽バカに出会えたって意味では、相当お世話になったなと、今になって思う。

ちなみに、オイラたちKORAKORAも、元々はオグッちゃんを仲介人にして結成されたようなもんなんだね、実は。

話は反れたけど、とにかくこのアルバムはこのくらいの、暑さが鬱陶しくて夜も寝づらいみたいな季節に、絶対聴きたくなるんだよねー。。

このアルバムでホルガー・シューカイはある意味CANでやってきた音楽的実験を自分なりに結集したような音楽、またある意味ではそこから思い切り飛びぬけたような実験を試みてる音楽を展開してる。

それが前述の「Persian love」でも顕著だ。
美しいギターの旋律、緩やかにグルーヴするビートにのって、それとは違う場所で聞こえてるようなラジオの中の歌声のような中近東っぽいボーカルが乗る。
なんか、コラージュって手法を使って思う存分音遊びをしてるみたいだ。

1曲目の思いっきりファンキーな「Cool in the pool 」もオイラ好みだし、2曲目、4曲目の映画音楽のような大作も聴き応えがあるんだな。

しかし、しかし!!
やっぱしこのアルバムは「Persian love」に尽きる!
そんくらい、美しくて怪しくて別世界に連れてってくれる曲だよ。

ちなみに、この曲が大昔に日本のテレビCMに使われてたってホントなんすかね??


ついに今月!!!!!!!

new-fryer

今月・8月25日についにNEW ALBUM 発売です!!!
AMAZONとかTOWER RECORDSでも買えまっせ!!!!


もう予約とかはできるはず。。。

BUY OR DIE!!!!





9月からはnetanoyoiとの合同ツアーも始まって……

そんで11月23日にレコ発イベントも決定です!!!!

詳細はしばし待たれいっ!!!!
KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

neg1

Author:neg1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク