めでたいこと続き!!♪

おっす、オラ、ねぎだ!!

いや~~、この一週間はいろんなことがあったのだ。

まず、以前KORAKORAでドラムを叩いていた、SO-JUに子どもが生まれた!!
前に奥さんのちぐっチャンが手術したりと、色々大変そうだったので、無事元気な男の子が生まれたって聞いた時はホントにほっとしましたわ~~~!!
いやー、なんにしろメデタイ!!

子
※SO-JUとちぐっチャンの第一子誕生!!この世にようこそ♪

そして、水曜は地球屋にてLIVE。

ミート・ザ・ホープスというバンドが1バンド目だった。
ただのロックというジャンルで括れない、おもしろいバンドだった。
最後の曲で、ボーカルの人がバク転をしてて、「ウォ!?BAD BRAINSのH.Rか??」と思ってしまった!!!

そして2バンド目がココロ&ヘルニアンズ

ヘル

ココロ君のボーカルはさすがだった~!!  この日はそれと同時に、バンド全体がイケイケって感じで、オイラたちがその後の出番だったんだけど、曲順変えたりしたもんね、なんとなくヘルニアンズに煽られる感じになって(笑)それくらいノリノリのLIVEでした。



そんで、そんで、こないだの金曜は、急遽、沖縄県の高江から『ゆんたく高江』でもとてもお世話になった友人らが東京に来ているということで、赤坂まで軽く呑みに行った。(軽かったかー!!??)

高江1高江2

高江3

※高江からの使者!!彼らと呑んだりするのはオイラもかなり楽しいのですがな♪

今回、彼らが来たのは、まだまだ先が見えない、「高江への米軍ヘリパット建設」問題で新に生まれた事件について、それに関連したこと。
前にも少しこのブログで書いたんだけど、「こんな危険な施設(ヘリパット)はこの村に必要ねえよ!!」って思って、この国に住んでる人に普通に与えられてる権利(座り込みによって抗議する)を行使してたら、国側から『妨害行為』として訴えられることが決定するのか?訴えるの止めさせられるのか?という瀬戸際に立ってる。

高江のヘリパット建設のこととか、その妨害禁止の仮処分とかの、もっと詳しいことは「やんばる東村」で検索してみてもらうか、「ゆんたく高江」でも少し触れてると思う。

そんで、その起訴を、国側が2月1日までにするのかしないのか、2月1日までに起訴されなければ、その仮処分も無効になるのだ。

もしかしたら、まだ「起訴するのをやめてくれ!!」的な署名は、ギリギリ間に合うかもしれないので、「やんばる東村」で署名用紙をプリントアウトして、署名して欲しいっす!!!

オイラも沖縄にひっきりなしに行くようになったきっかけは、沖縄民謡にはまったってのがあったんだけど(もう10年以上経つかな、そこにはまってから…)、それから沖縄の色んな問題っていうのにさまざまな場面で考えさせられる。

もうさすがに、「基地か、経済的な安心か」みたいな考え方が無くなればいいなと、強く思う。
未だにそういう方向の考え方に仕向けるこの国にも、嫌気がさすわさ。

と、まぁ、そんなシビアなことも考えつつ…


先週の土曜日は、福生のというハコで、スモーカーズ、桃鏡とのLIVE。

じょん
※桃鏡のリード・ボーカル、ジョンさまだぁぁー!!!

1発目は桃鏡。
本当に、桃鏡みたいなバンドはどこにもいません!それくらい唯一無二なバンド。
ドロドロ、へヴィーな感じの曲もあれば、どこかホロっとさせられる曲もあって、ホント、一筋縄ではいかない音楽性なのである。この日のライブも良かったぜ~~!

smokers
※そして2番目のオレたちの後、スモーカーズのLIVE!!

渦のエリコ・ママがいうには、福生周辺の人たちがやってるバンドらしい。
もう、ド直球の古き良きロックンロール・スタイルって感じで、気持ちよくお酒も入ってたこともあり、全曲ノリノリで踊ってしまった~♪
メイン・ボーカルの人と、もう一人右側のボーカルの人、二人とも歌がうまかったなぁ~~。
楽しい一夜になりました☆


そして、そして…SO-JU&ちぐっちゃんの出産に並んで、おめでたいこと!!!

なんと、ZAPPが日本に来ます!!

あ、もちろん、わがKORAKORAのベーシスト、タカジンの結婚、同じくドラムスのアツシットの結婚への第一関門突破めでたいニュースではあるのだ、しかし、しかし、ZAPP来日のニュースは少なくともアムロちゃんとロンブーの交際報道よりもめでたいビッグニュースなわけですよ。。

わーい、わーい、前回の来日ライブ観そびれたから、念願やっとこさ叶って…って感じ♪

場所はビルボードライブ東京らしい。  絶対観にいくぜ、興奮すんぜ!!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

zapp4
ZAPP 「ZAPP Ⅳ U」(1985年作)

というわけで、ZAPP来日記念ってことで、ZAPPの音源を。

このZAPPというバンド、FUNK好きな人には説明不要って感じで、トラウトマン兄弟を軸に構成されたバンド。そのトラウトマン兄弟の中心人物が、ロジャー・トラウトマンという人物だ。
ロジャー・トラウトマン…。ZAPPの音楽の柱ともいえる、トークボックスを使いこなすメイン・ボーカルが、ロジャーだ。
このロジャー・トラウトマン、実の兄弟のラリーに銃で脳天を打ちぬかれて(確か印税だかギャラだかのいざこざが原因だったと思うけど…)、1999年に死亡してる。ちなみにラリーもその直後自殺したらしい。

でも、まぁ、そんな話を抜いても、オイラはこのロジャーというミュージシャンが大好きなんすわ~!
彼のギターもいいし、地声で歌う声もなかなか気持ちいいんだよね~~♪(ロジャーとブーツィ・コリンズの関係については、オイラのブログの最初の頃に書いたから、そちらを参照!!)

なんせ、このZAPPというバンドをオレも10代からずっと聴いてるもんなぁ。。
それこそ、OUTOとかS.O.Bとか、ユース・オブ・トゥデイみたいなハード・コア・バンドと並んで、俺の青春ど真ん中のバンドだ!!

そんで、なんで数あるZAPPの音源の中でも、このアルバムを選んだかというと…いや、とくに理由ありません(笑)
けど、このアルバムにはそうとう色んな思い出が詰まってるんですわ~。。。
いわゆる、名古屋時代の一番不健康な時に自分の車で聴きまくってますた☆懐かしいなぁ~~。。

M-1「It Doesn't Really Matter」が、まずずば抜けてカッチョいいっす。
ファズっぽい音のギター・ソロもいいね。
そしてM-2「COMPUTAR LOVE」。。。何度聴いても鳥肌が立つんだわ。
名古屋の栄の公園の横に車止めてずっとこの曲ばっかし聴いてたときがあったな。。

また、B面の「I Only Have Eyes for You」もよく聞いて、この曲聴きながら夜車止めてると、サビのコーラスんとこでホントに星が降ってくるみたいに感じたっけ。

なんか、このアルバムってZAPPのアルバムん中でも、コアなFUNKファンにはロックぽいだとか、なんとか、とにかくあまり評判良くないのかな??でも、オイラには掛け値なしに思い出のアルバム。

ZAPPのことをP-FUNK系のFUNKミュージックだって思ってる人、いるかもしれないけど、このバンドがジョージクリントン達とは全然違うところを目指してたことは、その音楽を聴いてもらえばすぐ分かると思う。

しかし、ロジャーのトーク・ボックスは、70年代のスティーヴィー・ワンダーからの影響だったってみなさん知ってた??ロジャーがたまたまスティーヴィーがテレビでトーク・ボックスを奏でてるのを見て感銘を受けてそっから切磋琢磨してあそこまでトークボックスってモノを高みにもっていったんだってさ。これ、有名な話らしいんだけど、オラも数年前に知ったんだがや。
ちなみに、その当時のスティーヴィーのYOUTUBEをここに貼り付けておきまっする。。。


まぁ、確かにSYREETAの音源とかで既にスティーヴィーはトークボックス使ってるモンね♪

とにもかくにも、ロジャーのトーク・ボックス、奥が深いんですわ。。。

そのZAPPが、2月上旬、東京にてライブやりまっせ~~!!
行くっきゃないでしょ、しかもシャーリー・マードックと一緒です。
ゲキ楽しみだがや~~♪



スポンサーサイト

正月気分、一掃!!

ふぁ、ふぁ、ふぁーい!!あけましておめでとうござ~っす☆

あけまして…って言っても、もう三週間近く明けてから日にちも経ってるんだけど。。

しかし、まぁ、多分去年のクリスマスくらいから、自分の肝臓を傷めまくってて(汗)ドSっぷりを全開に、アルコールによる自傷行為を続けてマスタ~~☆



とりあえず、正月は実家の名古屋方面に行ってて、その後わがワイフの実家の滋賀に行ったり、友達の百々武氏の実家の奈良での新年会に行ったりしてた。 
たっのしかったんだわ~~♪

それから東京に帰ってきて、なんだかんだでまだ正月気分が抜けず…

そうそう、数日前にはビンボーズの秋山さんに急に呼ばれて阿佐ヶ谷で飲んだりしてたなぁ~~、どこにいても呑んでばっかしじゃんか~~(xlx)

あきやまさん

※昼3時ごろから呑んでたらしく、オイラが行ったころには既にできあがってたビンボーズ秋山せんぱい。。


一昨日は一昨日で、友達のバンド、フラッシュ・バッカーズを観に福生のUZUに行った。

その日出たアーティストは3組で、MONGOR AND MASASHIさんたちが最初にやってた。この日はスペシャルゲストで宙&デメ・バンドの中原宙さんが途中から歌ってた~。

ちゅうさん

※焼酎片手にアンコールにも参加する、中原宙さん。

いや~~、かっちょよかったっす。即興っぽい感じの歌の部分も面白かった~~♪

そんで、2バンド目がBLACK NAILSってバンドだった。
オイラは始めて観るバンドだったんだけど、すごく面白かった~。3ピースのバンドで、そして3ピースの良いところが出た、とても3ピースらしいバンドだった。
めっちゃんこ個人的に、「HEY HEY , MY MY」とかのニールヤングの匂いが、なんとな~~くするバンドだった。オイラのすごく好きなバンドの匂い!

そして、最後がフラッシュ・バッカーズ!

あくさん

※フラッシュバッカーズのライブ、熱唱するはアクさま~~!!

フラッシュ・バッカーズはアクさんの歌詞がいいですな、ホントに。
その歌に寄り添うようにサックス&コーラスでサポートするタカさんもすごくイイんすわ~~。
まだまだ先が楽しみなバンドの一つっす。これだからバンドは止められんのだわなーー!


そうそう、オイラたちも今週はその、福生のUZU場所でライブしまっせ~~!!
今週の土曜、23日に、この日の対バンは、スモーカーズっていうバンドと、お馴染み、桃鏡!!!今から楽しみなメンツです♪

それから、その前の明後日、20日の水曜には、国立の地球屋ってお店でライブですぜー。オイラたちKORAKORAとしては、これが新年一発目のライブっす!!しかーも、ココロ&ヘルニアンズとのライブ!!

こられる方はどちらかの日でも、時間合わせておいでやす!
一緒に呑みましょう~~♪

告知でした~~☆


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


charlie-parker
※「チャーリー・パーカーの伝説」(晶文社)  ロバート・ライズナー著 片岡義男/訳

今年最初のレヴューは、このチャーリー・パーカーについて書かれた本を取り上げようと思う。

この本は、去年の暮れからずっと読んでて、オイラも色々勉強になった本。。

伝記的に書かれているんだけど、この本、81人のチャーリー・パーカーを知ってる人たちが、彼についてのことをそれぞれが語った言葉を集めたものだ。

これを読むと、「ビ・バップの父」と言われるバードも、相当な努力をつんで、JAZZというものをすごい高みまでもっていけたんだということが分かる。
まだジャズ・クラブに入れない歳のころから店の出口で中から聞こえてくる音を追っていた、だとか、まだまだ若いころ、ステージの上で他のミュージシャンからバカにされ自尊心をズタズタにされた後、しばらく姿を消してたと思ったらバードのプレイが別物のように完成されてた、とか。

サックスを抱いたまま寝ていることもシバシバあったらしい。

それで、二十歳そこそこでビ・バップを完成させてたんだから、その才能は恐るべしだし、それだけではなく、やっぱりそれなりの血がにじむような努力もしてたんだろう…と、再確認した。

作品の凄み、ってなんなんだろう???


チャーリー・パーカーの作品には、20歳そこそこの作品だろうが、凄みっていうのが、あるんですわ。。

これはバード自身の「気」によってできる凄みだろうか!?
それとも、このバードが生きた時代の「熱気」ってやつかな!?

う~ん、なんとなく、その両方な気がするんだよな。
この時代に、狂気の天才とも言われるバードが出てきたのは、きっと必然だったし、この時代だから生まれたハードコアな音楽だったんだと思う。

そりゃ、そんな、「作品に凄みを持たせようぜ!!」なんて曲を作ったり、ライブをしたりするわけじゃない。

でも、なぜ、このビ・バップっていう音楽が生まれた瞬間に、すでにその「凄み」をチャーリー・パーカーが持ってたのかっていうことは、オイラたち音楽やってる人みんなに、ものすごく重要な意味を持つと思う。

つまり、時代のイノベーターっていうのは常に、それを生んだ時点でその後に出てくる全てのフォロアーを凌駕してるということ。


例えば、今、この2010年って時代に、「マイルスの『BITCH'S BREW』を思いっきり意識したバンドやってます」とか、「阿部薫のスタイルの音楽やってます」って言われても、まったく興味わくわけねーでしょ。
だったら、マイルスの『BITCH'S BREW』を聴くし、阿部薫の音源を聞きますよ、そこには凄みがあるから。

まー、コピー・バンドとか、パロディでやってる、っていうのは、大いに楽しめるし、そういうのはオイラも大好きだ。

しかしながら、自分のやりたいことだけを、鉛筆を削るみたいに尖らせていけば、どこに行ったってワン&オンリーな特別なものができるはずだ、きっと。

だからこそ、つねにアンテナは張っていないといけないし、そしてなにより、ヒップでなければいけないと、このチャーリー・パーカーの本を読んで思った。


新年そうそう、バードのサックスを、ヘッドフォンで聴きまくって、正月気分を一掃するっていうのも、また一興じゃないかな~~~??

KORAKORAも今年も、頑張りまぁ~~す!!


KORAKORA ALBUM!!
プロフィール

neg1

Author:neg1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク